2019年10月24日

奥日光二日目  切込湖・刈込湖

2019年10月24日(木) 曇

一日雨の心配はなさそう 奥日光のHPでは難易度「初級」の 切込湖・刈込湖ハイク

コース
日光アストリアホテル➟山王峠➟涸沼➟切込湖・刈込湖➟湯元➟湯の平湿原➟湯滝➟光徳牧場➟日光アストリアホテル


日光アストリアホテルから出発(8:00)
DSCF9019.JPG


光徳園地
DSCF9022.JPG


整備された登山道
DSCF9028.JPG


DSCF9029.JPG


夕日モードで
DSCF9031.JPG


もうすぐ山王峠
DSCF9039.JPG


山王峠
DSCF9040.JPG


ガスで展望なし
DSCF9044.JPG


太郎山分岐 涸沼へ
DSCF9045.JPG


ヤシオつつじ
DSCF9046.JPG


DSCF9048.JPG


涸沼が見えてきた
DSCF9052.JPG


DSCF9058.JPG


DSCF9063.JPG


涸沼
DSCF9065.JPG


DSCF9070.JPG


DSCF9071.JPG


これも夕日モード
DSCF9074.JPG


切込湖
DSCF9078.JPG


紅葉はほんのちょっぴり
DSCF9083.JPG


刈込湖
DSCF9090.JPG


期待外れの紅葉
DSCF9092.JPG


溶岩の道に木道階段が続く
DSCF9093.JPG


DSCF9097.JPG


DSCF9098.JPG


DSCF9099.JPG


DSCF9101.JPG


やっと水平道
DSCF9103.JPG


DSCF9104.JPG


小峠
DSCF9106.JPG


DSCF9110.JPG


最後の下り
DSCF9113.JPG


湯ノ平湿原に到着
DSCF9115.JPG


光徳から7.7q  所要時間:約5時間30分  よく歩いてくれました
DSCF9116.JPG
 

ここが湯元 掘れば湯が出てくる
DSCF9118.JPG


鮮やか
DSCF9121.JPG


湯ノ平湿原の木道
DSCF9125.JPG


DSCF9129.JPG


ストーブが燃えていたビジターセンターで大休憩後 湯の湖を半周
DSCF9130.JPG


湯の湖の紅葉
DSCF9131.JPG


DSCF9136.JPG


DSCF9139.JPG


DSCF9140.JPG


DSCF9144.JPG


湯滝
DSCF9146.JPG


なんと綺麗なこと
DSCF9150.JPG


DSCF9151.JPG


DSCF9152.JPG


展望デッキは一杯の人
DSCF9154.JPG


湯滝を色々な角度から
DSCF9156.JPG


DSCF9158.JPG


DSCF9161.JPG


DSCF9163.JPG


しばらくバス道を歩いて 光徳牧場への游歩道に入る
DSCF9164.JPG


DSCF9167.JPG


DSCF9168.JPG


DSCF9169.JPG


DSCF9170.JPG


光徳牧場
DSCF9171.JPG


終点 日光アストリアホテル(16:50)
DSCF9173.JPG


所要時間:8時間50分

雨に遭わず 紅葉を楽しみながらのハイキング 素晴らしい遊歩道だった


ルートマップ

ヤマップはこちら



posted by ユウ at 21:00| Comment(0) | 登山情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月23日

奥日光一日目 紅葉の戦場ヶ原 

2019年10月23日(水) 晴後曇

紅葉を求めて 奥日光 へ

行程
22日(火):奥日光光徳駐車場(車内泊)
23日(水):戦場ヶ原・竜頭の滝・小田代ヶ原ハイク
       半月山展望台から中禅寺湖
       中禅寺湖遊覧船からの紅葉(日光アストリアホテル泊)
24日(木):光徳から山王峠・切込湖・刈込湖・湯本・湯滝ハイク(日光アストリアホテル泊)
25日(金):大使館別荘記念公園散策



23日 戦場ヶ原ハイキング

コース
赤沼P➟竜頭の滝➟戦場ヶ原➟小田代ヶ原➟光徳入口➟赤沼P

前日(22日)9時自宅発 舞鶴・北陸・関越 沼田ICから金精峠を越えて光徳駐車場で車内泊

光徳駐車場の朝
DSCF8789.JPG


赤沼駐車場へ移動して ハイキング開始(6:20)

戦場ヶ原展望台
DSCF8790.JPG


DSCF8791.JPG


戦場ヶ原メインルートの小田代ヶ原への自然探勝路は先日の大雨の影響で一部通行止め 
湯川赤沼橋を渡って竜頭の滝へ
DSCF8798.JPG



シジュウさんの奥さんに聞いたのは此の辺りかな??
今回の旅行の目的の一つを果たす
 

ハイキング再開 紅葉はなぜか終盤
DSCF8801.JPG


落葉松
DSCF8803.JPG


湯川
DSCF8805.JPG


紅葉真っ盛り
DSCF8813.JPG


橋の上から竜頭の滝 素晴らしい景色
DSCF8818.JPG


DSCF8828.JPG


DSCF8844.JPG


滝見茶屋から
DSCF8830.JPG


DSCF8833.JPG


竜頭の滝から赤沼までの自然探勝路は通行OK
DSCF8851.JPG


DSCF8855.JPG


DSCF8862.JPG


戦場ヶ原展望台
DSCF8866.JPG


DSCF8867.JPG


散策路
DSCF8872.JPG


DSCF8876.JPG


パッチワーク
DSCF8880.JPG


DSCF8883.JPG


小田代ヶ原展望台
DSCF8899.JPG


幻の小田代湖
DSCF8892.JPG


一杯のカメラマン
DSCF8893.JPG


素晴らしい景色
DSCF8895.JPG


逆さ紅葉
DSCF8901.JPG


DSCF8903.JPG


どこをみても紅葉!!
DSCF8907.JPG


男体山と紅葉
DSCF8911.JPG


こんな景色に出合えるなんて
DSCF8913.JPG


DSCF8915.JPG


DSCF8917.JPG


DSCF8918.JPG


落葉松
DSCF8922.JPG


どこを撮っても素晴らしい
DSCF8926.JPG


探勝路分岐への道も素晴らしい紅葉
DSCF8937.JPG


DSCF8939.JPG


DSCF8946.JPG


探勝路分岐 探勝路も歩きたいが足がくたびれてきた 光徳入口へ
DSCF8951.JPG


林を抜けるとナント ナント
DSCF8955.JPG


DSCF8958.JPG


どこまでも紅葉の中
DSCF8960.JPG


DSCF8963.JPG


DSCF8965.JPG


光徳入口
DSCF8967.JPG


バス道を歩いて赤沼駐車場へ
DSCF8969.JPG


赤沼駐車場到着(13:05)
DSCF8973.JPG


所要時間:6時間45分

360°の紅葉 整備された遊歩道 期待以上の景色に出合えた
まだ時間がある 半月峠展望台からの八丁出島へ


ルートマップ

ヤマップはこちら


posted by ユウ at 21:00| Comment(0) | 登山情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月29日

日本一険しい参道<太田山神社>

2019年8月29日(木) 晴

北海道せたな町大成区太田の 太田山神社 へ
DSCF7539.JPG


案内板
DSCF7541.JPG


そして注意書き(資料集めに寄った観光案内所や道の駅のスタッフからも釘をさされた)
DSCF7540.JPG


139段の石段 狭い石段 急こう配の石段
DSCF7543.JPG


石段終点
DSCF7546.JPG


石段を振り返る
DSCF7547.JPG


ここからはロープの着いた激斜の参道となる
DSCF7554.JPG


DSCF7561.JPG


DSCF7562.JPG


DSCF7566-1.jpg


DSCF7569-1.jpg


吊橋まがい
DSCF7571.JPG


大きな鎖
DSCF7572.JPG


DSCF7592.JPG


きれい 瀬棚ブルー
DSCF7573.JPG


DSCF7574.JPG


洞窟内の本殿に到着
DSCF7577.JPG


DSCF7579.JPG


洞窟内からの景色
DSCF7578.JPG


DSCF7581.JPG


ロープをつかんで下山
DSCF7596.JPG


往復1時間20分
DSCF7598.JPG


気になっていた太田山神社へ 参拝することができた
太田神社は北海道最古の歴史を誇る山岳霊場で、創立は嘉吉年間(1441〜1443)といわれている

予備日を3日間含めて9月2日までとしていたが 今回の北海道の山行はこれで終了

帰りの乗船を本日29日に変更してもらい 苫小牧東から敦賀へ
DSCF7604.JPG


敦賀着 30日20時30分
DSCF7602.JPG


前日の雨無し・三日間の雨無しで順調すぎるくらいカムエクを登ることができた ラッキー!! バンザーイ!!


太田山神社のルートマップ

ヤマップはこちら




posted by ユウ at 20:00| Comment(0) | 登山情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月28日

大雪山 旭岳

2019年8月28日(水) 晴後曇後雨

気になる100名山 旭岳

コース
旭岳ビジターセンターP➟姿見の池➟旭岳石室➟旭岳➟間宮岳➟中岳分岐➟中岳温泉➟裾合平➟ロープウェイ姿見駅


野営場近くのPから旭岳ビジターセンターPに移動 
DSCF7374.JPG


ここから出発(5:45)
DSCF7376.JPG


快適木道と思ったが
DSCF7377.JPG


旭岳分岐から背丈以上の笹に変わる
DSCF7378.JPG


一合目の湿原
DSCF7385.JPG


DSCF7388.JPG


秋空
DSCF7393.JPG


次の湿原
DSCF7398.JPG


快適遊歩道
DSCF7408.JPG


DSCF7410.JPG


DSCF7413.JPG


旭岳が見えてくる
DSCF7415.JPG


DSCF7419.JPG


DSCF7420.JPG


DSCF7425.JPG


チングルマ
DSCF7432.JPG


姿見の池
DSCF7433.JPG


青空が小さくなる
DSCF7434.JPG


稜線にでると強風 休む場所を探す トムラウシの山頂は雨雲で見えない 
DSCF7437.JPG


旭岳山頂に変な雲が広がる
DSCF7441.JPG


金庫岩もゆっくりとできない
DSCF7449.JPG


もうすぐ山頂
DSCF7454.JPG


旭岳山頂(9:15) しばらく見えていた下界もこのあとすっかりガスの中となった
DSCF7460.JPG


間宮岳方向へ下山
DSCF7462.JPG


間宮岳
DSCF7470.JPG


中岳分岐
DSCF7472.JPG


リス
DSCF7475.JPG


裾合平が見えてくる
DSCF7481.JPG


中岳温泉
DSCF7487.JPG


DSCF7488.JPG


裾合平
DSCF7495.JPG


チングルマ
DSCF7499.JPG


素晴らしい景色
DSCF7504.JPG


DSCF7506.JPG


DSCF7513.JPG


ロープウェイ駅が見えてきた
DSCF7519.JPG


リンドウ
DSCF7520.JPG


DSCF7526.JPG


DSCF7529.JPG


リスとの戯れ
DSCF7534.JPG


ロープウェイ姿見駅到着(13:15) 駅舎に入ると本格的な雨となった
DSCF7537.JPG


所要時間:7時間30分

裾合平では雄大な北海道の山らしさを見ることができた

森の湯花神楽で入浴(@650円)
大雪山はこの後3日間ほど雨マーク 明日予定していた裏大雪を止めてハレマークのついた函館方面に向かう
途中のSAで夕食 富浦PAで泊


ルートマップ

ヤマップはこちら


posted by ユウ at 21:00| Comment(0) | 登山情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月27日

200名山<カムイエクウチカウシ山> 三日目

2019年8月27日(火) 晴

今日の行程
八の沢出合➟七の沢出合➟中札内ヒュッテ


テントを撤収してテント場を後にする 6時20分
DSCF7357.JPG


渡渉風景
DSCF7358.JPG


DSCF7362.JPG


DSCF7363.JPG


DSCF7367.JPG


DSCF7369.JPG


DSCF7370.JPG


最後の渡渉でズボンはずぶ濡れ
DSCF7371.JPG


七の沢出合で 濡れたものを荒絞りして登山靴に履き替える
DSCF7372.JPG


札内ヒュッテ前の駐車場に到着(10:45)
DSCF7374.JPG


所要時間:4時間25分
楽しみながら渡渉を繰り返した  カムエク踏破 バンザーイ!!

入浴:福祉の里温泉(@400円)

明日の山は大雪山旭岳 旭岳ロープウェイ駐車場に向かう

旭岳ビジターセンターPはトイレ無し
野営場近くの無料駐車場で泊(トイレは野営場入口にあり) シュラフだけでは寒くてダウンを着用 
夜中の星観察 裸眼でも天の川がくっきりと見えてとてもきれいだった

ルートマップ

ヤマップはこちら



ラベル:200名山
posted by ユウ at 21:00| Comment(2) | 登山情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月26日

200名山<カムイエクウチカウシ山> 二日目

2019年8月26日(月) 晴後曇

いよいよ カムエクの山頂 へ 挑戦

今日の行程
八の沢出合➟三股➟八の沢カール➟カムイエクウチカウシ山山頂 (往復)


4時起床 4時50分 明るくなるのをまって出発
DSCF7201.JPG


ピンクテープとケルンを探しながら
DSCF7203.JPG


右岸へ 左岸へ
DSCF7207.JPG


DSCF7213.JPG


カムイエクウチカウシ山が見えてきた
DSCF7216.JPG


DSCF7217.JPG


DSCF7221.JPG


三股
DSCF7226.JPG


激斜
DSCF7241.JPG


DSCF7245.JPG


きれいな滝
DSCF7253.JPG


滝を左に見て
DSCF7257.JPG


カールへの道
DSCF7258.JPG


DSCF7262.JPG


DSCF7265.JPG


もうすぐカール
DSCF7269.JPG


憧れのカールに到着
DSCF7271.JPG


一寸雲行きが怪しくなる
DSCF7273.JPG


DSCF7274.JPG


山頂はどこか??
DSCF7275.JPG


登山靴に履き替え
DSCF7276.JPG


遭難碑
DSCF7277.JPG


カールの中にはあちこちに落ちていた
DSCF7278.JPG


DSCF7282.JPG


笛を吹きながら進む
DSCF7285.JPG


DSCF7287.JPG


ピラミッド峰
DSCF7295.JPG


鋭く切れ落ちた稜線が良く判る
DSCF7300.JPG


続く這松帯
DSCF7301.JPG


DSCF7304.JPG


山頂はまだ先
DSCF7305.JPG


DSCF7306.JPG


山頂かな
DSCF7308.JPG


コイボクカール
DSCF7315.JPG


もうすぐ山頂
DSCF7321.JPG


11時 カムイエクウチカウシ山 山頂に到着 
DSCF7326.JPG


200名山踏破 300名山にリーチ
DSCF7332.JPG


しばらく景色を楽しむ
DSCF7334.JPG


DSCF7333.JPG


DSCF7337.JPG


11時25分 下山開始
DSCF7338.JPG


稜線は慎重に
DSCF7343.JPG


DSCF7346.JPG


八の沢カール
DSCF7351.JPG


食べられてなかった沢靴(紐で岩に巻き着けておいた)
DSCF7352.JPG


慎重に三股を下る
DSCF7353.JPG


渡渉の繰り返し
DSCF7354.JPG


17時 八の沢出合テント場に到着 テント場には先客が一人
DSCF7355.JPG


夕食はカレーメシ 疲れていたため無理やり押し込む たき火をして就寝 よく眠れなかった

所要時間:12時間10分

事前学習とゆっくりと慌てなかった行動でスムーズに往復できたと思う 這松帯は明瞭な登山道だった
滝の岩が濡れていたためカール入口までの沢靴は正解だと思う


ルートマップ


ラベル:200名山
posted by ユウ at 21:00| Comment(0) | 登山情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月25日

200名山<カムイエクウチカウシ山> 一日目

2019年8月25日(日) 晴

200名山 <カムイエクウチカウシ山> へ

行程
24日 敦賀港から苫小牧東港
25日 苫小牧港から登山口の札内ヒュッテ ➟ 八の沢出合キャンプ地でテント泊
26日 八の沢出合キャンプ地➟八の沢カール➟カムイエクウチカウシ山 (往復) テント泊
27日 八の沢出合キャンプ地➟札内ヒュッテ

新日本海フェリー 8月24日(土)00:30発 敦賀➟苫小牧東 8月24日(土)20:30着
DSCF7603.JPG


船内での食事はすべて持ち込み
DSCF7156.JPG


道の駅「中札内」で宿泊と考えていたが途中の道路Pで宿泊
朝食後登山口へ向かう 札内ヒュッテ向かいのダムの駐車場で登山準備
DSCF7158.JPG


本日の行程
中札内ヒュッテ➟七の沢出合➟八の沢出合 テント泊


6時30分出発
DSCF7159.JPG


気になる登山口
DSCF7160.JPG


工事中の林道
DSCF7166.JPG


七の沢出合で沢靴に履き替え
DSCF7172.JPG


DSCF7173.JPG


対岸には熊が歩いていた
DSCF7174.JPG


DSCF7175.JPG


渡渉開始
DSCF7176.JPG


河原歩き
DSCF7179.JPG



DSCF7181.JPG


休憩がてらルート探し
DSCF7182.JPG


快適
DSCF7187.JPG


ダイモンジソウ
DSCF7189.JPG


八の沢出合が近づく
DSCF7191.JPG


八の沢出合
DSCF7191.JPG


水量は太もも位の渡渉点
DSCF7194.JPG


八の沢出合キャンプ地に到着 11時
DSCF7195.JPG


連れが 熊を見たとのこと 急いでたき火をする
DSCF7197.JPG


夕食は 中華丼
DSCF7198.JPG


所要時間:4時間30分

今年は中札内ヒュッテまで車が乗り入れ可能で まずラッキー!
前日までの雨が少なく これもラッキー!
今日から三日間は雨マークなし ラッキー!!


ルートマップ


ラベル:200名山
posted by ユウ at 21:00| Comment(0) | 登山情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月29日

西吾妻山周回

2019年7月29日(月) 曇

気になる100名山 西吾妻山

コース
デコ平駐車場➟デコ平湿原➟ゴンドラトップ➟西大巓➟西吾妻山➟天狗岩➟西吾妻山小屋➟西大巓➟早稲沢コース➟布滝
➟百貫清水➟デコ平駐車場


デコ平駐車場には誰もいない 熊さん注意の看板 6時30分スタート
DSCF6717.JPG


山頂駅・デコ平湿原方向へ
DSCF6718.JPG


デコ平湿原
DSCF6720.JPG


花は
DSCF6722.JPG


DSCF6723.JPG


そして熊の唸り声 大声を発して通り過ぎる

分岐
DSCF6727.JPG


山頂駅
DSCF6730.JPG


登山道
DSCF6731.JPG


DSCF6734.JPG


こんな道
DSCF6735.JPG


DSCF6736.JPG


西大巓の稜線近くまで続いていた
DSCF6740.JPG


稜線
DSCF6744.JPG


西大巓
DSCF6821.JPG


DSCF6746.JPG


西吾妻山へ
DSCF6754.JPG


DSCF6756.JPG


モウセンゴケ
DSCF6760.JPG


唯一の花畑
DSCF6763.JPG


山頂湿原
DSCF6768.JPG


西吾妻山
DSCF6771.JPG


DSCF6776.JPG


天狗岩
DSCF6785.JPG


DSCF6793.JPG


シャクナゲ
DSCF6798.JPG


山頂湿原
DSCF6805.JPG


花無し
DSCF6808.JPG


西吾妻山小屋
DSCF6809.JPG


ヒメシャクナゲ
DSCF6812.JPG


オトギリソウ
DSCF6818.JPG


西大巓から早稲沢コースを下山 雷が鳴りだす 急いで下山
DSCF6823.JPG


あまり歩かれていない道だった
DSCF6824.JPG


布滝
DSCF6835.JPG


ここから自然探勝路
DSCF6841.JPG


しんどかった上り返し
DSCF6843.JPG


水平道
DSCF6849.JPG


DSCF6851.JPG


百貫清水
DSCF6856.JPG


DSCF6859.JPG


駐車場到着(14:20)
DSCF6865.JPG


所要時間:7時間50分

花を期待したが裏切られてしまった

明日も大気が不安定で午後からは雷予想
身体の変調もあり 今回の遠征はこれで打ち切り 
裏磐梯ビジターセンターで身体を拭いて仮眠しながら自宅へ

西会津ICから磐越・北陸・舞鶴道 自宅到着は30日7時
走行距離:1550q


ルートマップ

posted by ユウ at 21:00| Comment(0) | 登山情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月27日

飯豊山縦走<四日目>

2019年7月27日(土) 曇

今日のコース
門内小屋➟丸森尾根➟飯豊山荘


門内小屋の朝(4:00)
DSCF6598.JPG


ご来光(4:35)
DSCF6606.JPG


出発(4:45)
DSCF6608.JPG


門内小屋を振り返って
DSCF6611.JPG


胎内山
DSCF6618.JPG


梶川尾根分岐
DSCF6622.JPG


快適な稜線歩き
DSCF6623.JPG


稜線には不思議なほど花が無かった
DSCF6626.JPG


青空をバックに
DSCF6629.JPG


地神山
DSCF6632.JPG


200名山の朳差岳
DSCF6635.JPG


DSCF6639.JPG


この角度から見たかった朳差岳
DSCF6643.JPG


地神山北峰(6:00)
ここから飯豊山荘への下り 丸森尾根 コースタイムは4時間10分
DSCF6644.JPG


DSCF6651.JPG


DSCF6657.JPG


夫婦清水
DSCF6658.JPG


飽きてくる長ぁーい下り
DSCF6661.JPG


DSCF6662.JPG


9時40分 飯豊山荘登山口に到着
DSCF6663.JPG


所要時間:約5時間

花の飯豊山 やっと登れた大日岳 4日間とも合羽不用の素晴らしい山行となった

飯豊山荘での久しぶりの入浴(@500) 汗で重くなったシャツを水洗いして干したり、残った食料を腹に入れたり
バスの発車時刻まで休憩室での仮眠で過ごす

飯豊山荘発(13:10)⇒小国駅着(13:58)
羽越線の電車は新津までは順調だが  磐越西線は約2時間に一本 新津での時間待ちで夕食を採る
野沢駅近くの役場の駐車場に20時着 道の駅「にしあいず」で泊

明日は休息日として 大山衹神社へ軽くウオーキングの予定 



ルートマップ

posted by ユウ at 21:00| Comment(0) | 登山情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月26日

飯豊山縦走<三日目>

2019年7月26日(金) 晴

今日のコース
御西小屋➟烏帽子岳➟北股岳➟門内岳➟門内小屋  門内小屋(泊)

新潟・福島・山形県 県堺にタッチ
DSCF6355.JPG


朝のドラマ
DSCF6357.JPG


御西小屋を出発 5時40分
DSCF6360.JPG


今日も花の道
DSCF6364.JPG


DSCF6367.JPG


逆光
DSCF6369.JPG


DSCF6375.JPG


DSCF6376.JPG


DSCF6379.JPG


DSCF6385.JPG


天狗の庭から大日岳
DSCF6391.JPG


ハクサンコザクラ
DSCF6402.JPG


青空を入れて
DSCF6401.JPG


雪渓 
DSCF6403.JPG


DSCF6404.JPG


軽アイゼンを持っていったが使わずだった
DSCF6412.JPG


シラネアオイ
DSCF6410.JPG


DSCF6417.JPG


DSCF6422.JPG


DSCF6423.JPG


キンバイ
DSCF6425.JPG


御手洗ノ池
DSCF6438.JPG


次々と現れる花
DSCF6442.JPG


DSCF6443.JPG


デジカメ状態
DSCF6444.JPG


DSCF6447.JPG


DSCF6449.JPG


DSCF6454.JPG


池糖とイワイチョウ
DSCF6456.JPG


またまた お花畑
DSCF6458.JPG


DSCF6463.JPG


ニッコウキスゲの競演
DSCF6464.JPG


DSCF6469.JPG


DSCF6479.JPG


ウスユキソウとシオガマ
DSCF6483.JPG


キンバイ
DSCF6494.JPG


DSCF6495.JPG


烏帽子岳 (9:00)
DSCF6501.JPG


梅花皮岳への稜線
DSCF6503.JPG


DSCF6509.JPG


DSCF6510.JPG


梅花皮岳(9:40)
DSCF6522.JPG


稜線の花
DSCF6507.JPG


DSCF6514.JPG


DSCF6518.JPG


一寸一休み
DSCF6526.JPG


梅花皮小屋(10:10) 
DSCF6529.JPG


ランチタイム
DSCF6532.JPG


豊富な水で頭を冷やす
DSCF6533.JPG


本日最大の上り 北俣岳へ
DSCF6537.JPG


石転び沢
DSCF6540.JPG


DSCF6542.JPG


北股岳の山頂が見えてきた
DSCF6545.JPG


北股岳(11:25)
DSCF6550.JPG


縦走路を振り返って 飯豊連峰の雄大な景色
DSCF6557.JPG


これを下れば今夜の宿が近くとなる
DSCF6561.JPG


DSCF6562-1.jpg


DSCF6564-1.jpg


DSCF6566.JPG


DSCF6568.JPG


DSCF6571.JPG


DSCF6577.JPG


門内岳(12:40)
DSCF6582.JPG


振り返って 北股岳
DSCF6585.JPG


最後の山小屋 門内小屋に到着(13:00)
DSCF6590.JPG


石室
DSCF6596.JPG


夕食は乾燥野菜入りカレーメシ(16:30) 野菜がおいしかった 
DSCF6593.JPG


所要時間:7時間30分
ずっと花と一緒の稜線歩きを楽しんだ
残念ながら夕景は無し この後は小雨となった 



ルートマップ

posted by ユウ at 21:00| Comment(0) | 登山情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月25日

飯豊山縦走<二日目>

2019年7月25日(木) 晴

今日のコース
切合小屋➟飯豊山➟御西小屋➟大日岳(往復)➟御西小屋  御西小屋(泊)


切合小屋の朝
DSCF6129.JPG


4時出発
DSCF6132.JPG


途中で太陽が顔を出す
DSCF6138.JPG


マツムシソウ
DSCF6141.JPG


朝の光
DSCF6144.JPG


DSCF6145.JPG


シラネアオイ
DSCF6147.JPG


シラネアオイとサンカヨウ
DSCF6148.JPG


DSCF6149.JPG


ハクサンコザクラ
DSCF6157.JPG


チングルマとコバイケイソウ
DSCF6159.JPG


ウスユキソウ
DSCF6176.JPG


DSCF6178.JPG


姥権現
DSCF6182.JPG


DSCF6184.JPG


岩場を楽しむ
DSCF6188.JPG


DSCF6189.JPG


まだまだ遠い大日岳
DSCF6192.JPG


色々な花
DSCF6198.JPG


DSCF6200.JPG


もうすぐ本山小屋
DSCF6207.JPG


水場分岐
DSCF6209.JPG


本山小屋
DSCF6211.JPG


登山道に咲くヒメサユリ
DSCF6222.JPG


DSCF6223.JPG


2回目の飯豊本山(7:30)
DSCF6226.JPG


ここからは初めての道 大日岳へ
DSCF6231.JPG


DSCF6236.JPG


コバイケイソウは少な目
DSCF6250.JPG


稜線に咲くイワイチョウ
DSCF6251.JPG


アオノツガザクラ
DSCF6252.JPG


ヨツバシオガマ
DSCF6253.JPG


ニッコウキスゲ
DSCF6257.JPG


DSCF6258.JPG


チングルマ
DSCF6274.JPG


今晩の宿 御西小屋と大日岳 御西小屋に9時30分到着
DSCF6276.JPG


荷物を少なくして大日岳へ(10:00)
DSCF6285.JPG


ハクサンイチゲ
DSCF6287.JPG


DSCF6292.JPG


大日岳への稜線
DSCF6299.JPG


DSCF6304.JPG


DSCF6306.JPG


DSCF6310.JPG


DSCF6313.JPG


もうすぐ大日岳
DSCF6319.JPG


やっと登れた 飯豊連峰の最高峰 大日岳 (11:30)
DSCF6326.JPG


花をみながら同じ道を往復
DSCF6333.JPG


DSCF6337.JPG


DSCF6344.JPG


DSCF6345.JPG


御西小屋 13時10分

水場で ミルクかき氷
DSCF6350.JPG


夕食は ミネストローネ風具たくさんスープ・フランスパン・マッシュポテト
DSCF6354.JPG


今日の所要時間:9時間10分
 
気になる100名山 飯豊連峰の最高峰の踏破で一座減となった


ルートマップ

posted by ユウ at 21:00| Comment(0) | 登山情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月24日

飯豊山縦走<一日目>

2019年7月24日(水)

念願の 飯豊山縦走 に参加 山小屋三泊 すべて自炊でリュックの重さは約11s+水約2ℓ
果たして無事縦走できるのか不安を抱えて出発

行程
一日目:川入登山口→御沢野営場→三国山→種蒔山→切合小屋  切合小屋(泊)
二日目:切合小屋→飯豊山→御西岳→御西小屋→大日岳(往復)→御西小屋  御西小屋(泊)
三日目:御西小屋→烏帽子岳→北股岳→門内岳→門内小屋  門内小屋(泊)
四日目:門内小屋→丸森尾根→飯豊山荘
 


前日12時自宅発 舞鶴道・北陸道・新潟中央から磐越道 阿賀野川SAで時間調整して道の駅「にしあいづ」で泊
早朝西会津役場に移動して車を駐車させてもらう
DSCF6012.JPG


野沢駅から山都駅へ 
DSCF6013.JPG


7時22分大阪連と山都駅で合流 タクシーで御沢野営場へ 8時10分登山開始
DSCF6018.JPG


大ブナ
DSCF6019.JPG


急登
DSCF6022.JPG


早速の出迎え
DSCF6024.JPG


十五里標識
DSCF6025.JPG


横峰
DSCF6030.JPG


水場
DSCF6033.JPG


岩場
DSCF6046.JPG


DSCF6052.JPG


こんなに険しかったのか
DSCF6056.JPG


剣ヶ峰
DSCF6058.JPG


DSCF6061.JPG


DSCF6063.JPG


岩場もこれで終わりかな
DSCF6066.JPG


三国小屋(13:40)
DSCF6067.JPG


センジュガンピ
DSCF6074.JPG


まだあったクサリ場
DSCF6075.JPG


縦走路
DSCF6084.JPG


花いっぱいの縦走路
DSCF6089.JPG


DSCF6094.JPG


DSCF6096.JPG


ヒメサユリ
DSCF6099.JPG


DSCF6100.JPG


DSCF6120.JPG


DSCF6125.JPG


もうすぐ今夜の宿
DSCF6124.JPG


今夜の宿 切合小屋に到着(15:50)
DSCF6126.JPG


所要時間:7時間40分

衣服は汗で重たいほどになる しばらく干すが乾いてくれない
自炊室での夕食は にゅう麵・切り干大根の和え物 自炊で食料が少しだけ軽くなった


ルートマップ>



2019年05月27日

天城山縦走

2019年5月27日(月) 晴


天城山縦走

コース
天城高原ゴルフ場➟万二郎岳➟万三郎岳➟八丁池➟天城峠


道の駅「箱根峠」から天城高原ゴルフ場Pに移動 (伊豆スカイラインは22時〜6時無料)

天城高原ゴルフ場Pで朝食 準備をして出発(5:50)
DSCF4324.JPG


登山口
DSCF4326.JPG


7時 万二郎岳到着
DSCF4331.JPG


展望台
DSCF4333.JPG


登山道
DSCF4337.JPG


ヤマツツジ
DSCF4338.JPG


お目当てのシャクナゲ
DSCF4339.JPG


DSCF4346.JPG


DSCF4349.JPG


DSCF4354.JPG


8時25分 万三郎岳到着
DSCF4355.JPG


DSCF4356.JPG


天城縦走路で天城峠へ
DSCF4360.JPG


DSCF4363.JPG


片瀬峠
DSCF4364.JPG


ミツバツツジ
DSCF4366.JPG


きれいなブナ林
DSCF4367.JPG


小岳
DSCF4369.JPG


まだまだ続くブナの道
DSCF4371.JPG


DSCF4376.JPG


戸塚峠
DSCF4380.JPG


ワオー
DSCF4381.JPG


白田峠
DSCF4384.JPG


ブナ林はどこまで続くのか
DSCF4389.JPG


DSCF4393.JPG


もうすぐ八丁池
DSCF4394.JPG


八丁池
DSCF4395.JPG


DSCF4402.JPG


地元の方の推薦コースは 上り行幸道で天城峠の道
DSCF4403.JPG


DSCF4411.JPG


ほぼ水平道
DSCF4415.JPG


曲がり角の先に現れるワオーの道
DSCF4417.JPG


DSCF4421.JPG


DSCF4423.JPG


DSCF4424.JPG


向峠
DSCF4425.JPG


DSCF4427.JPG


天城峠
DSCF4429.JPG


やりました
DSCF4433.JPG


サアー 13時58分のバスに間に合うか 急いで下山
DSCF4434.JPG


天城山隧道
DSCF4439.JPG


トンネルの中を歩きたいが時間がない 駆け足で下山
DSCF4436.JPG


天城峠バス停に到着(13:40)
DSCF4442.JPG


伊豆山稜線歩道起終点の標識
DSCF4443.JPG


13:58発バスで河津駅⇒伊豆急行で伊東駅⇒(最終16:35発)天城東急リゾートシャトルバスで天城高原ゴルフ場へ

大仁一二三荘で入浴(@400円)  夕食はコンビニ丼  
伊豆縦貫道 長泉沼津ICから新東名・米原(賤ヶ岳SAと三方五湖Pで通行止め解除時間待ち)
福知山ICで高速を降りて 八鹿道の駅から自宅到着は8時30分

走行距離:1290q

念願の天城山縦走ができて大満足の山行となった


ルートマップ

ヤマップはこちら


posted by ユウ at 21:00| Comment(0) | 登山情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月26日

丹沢山縦走:二日目

2019年5月26日(日) 晴


蛭ヶ岳から 丹沢山・塔の岳 を経て蓑毛へ下山

今日のコースは 丹沢表尾根コース
蛭ヶ岳➟丹沢山➟塔ノ岳➟三ノ塔➟ヤビツ峠➟蓑毛バス停


1時40分 夜景
DSCF4228-1.jpg


4時28分 日の出
DSCF4237.JPG


4時40分 蛭ヶ岳山荘出発
DSCF4242.JPG


DSCF4245.JPG


一杯の蕾
DSCF4247.JPG


4時50分 少しだけの赤富士
DSCF4249.JPG


蛭ヶ岳
DSCF4250.JPG


DSCF4253.JPG


朝の稜線
DSCF4258.JPG


6時20分 丹沢山(1567m)
DSCF4265.JPG


DSCF4263.JPG


稜線も賑わってきた
DSCF4270.JPG


DSCF4271.JPG


DSCF4272.JPG


300名山 大山
DSCF4273.JPG


盆栽風のシロヤシオ
DSCF4275.JPG


DSCF4276.JPG


7時40分 塔の岳(1491m)山頂
DSCF4281.JPG


尊仏山荘の鐘と富士山
DSCF4284.JPG


富士山をバックに
DSCF4287.JPG


大山と二の塔
DSCF4291.JPG


木ノ又小屋で かき氷(@400円)
DSCF4294.JPG


8時35分 新大日通過
DSCF4295.JPG


下り
DSCF4298.JPG


上り
DSCF4299.JPG


9時15分 行者岳(1209m)通過
DSCF4303.JPG


二ノ塔はまだ先
DSCF4306.JPG


三ノ塔(1204m)通過 二ノ塔へ向かう
DSCF4308.JPG


二ノ塔で小休憩
DSCF4310.JPG


DSCF4311.JPG


11時50分 ヤビツ峠到着
DSCF4315.JPG


秦野駅行きのバスは2時間先 Nさんと別れてバス便の多い蓑毛に下る
DSCF4318.JPG


12時33分 蓑毛バス停到着
DSCF4321-1.JPG


所要時間:約8時間

蓑毛バス停⇒バスで秦野駅(@270円)⇒小田急電鉄で新松田駅(@220円)⇒富士急湘南バスで西丹沢ビジターセンター(@1180円)

15時30分 西丹沢ビジターセンターに到着 
新松田駅でNさんと合流して 近くの健楽の湯に行くが時間外になってしまった  
近くの人に教えてもらい スーパー銭湯○○で入浴(@800円)

入浴後道の駅「箱根峠」で夕食をして車中泊 明日の予定は天城山縦走

念願の檜洞丸にやっと登ることができた 
 

ルートマップ


ヤマップはこちら


posted by ユウ at 21:00| Comment(0) | 登山情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月25日

丹沢山縦走:一日目

2019年5月25日(土) 晴

Nさんと 丹沢山 へ

一日目:西丹沢ビジターセンターから蛭ヶ岳山荘
二日目:蛭ヶ岳山荘から蓑毛

今日のコースは丹沢主稜コース
西丹沢ビジターセンター➟ゴーラ沢出合➟ツツジ新道➟檜洞丸➟臼ヶ岳➟蛭ヶ岳 (蛭ヶ岳山荘泊)


前日24日 八鹿道の駅「たじま蔵」8時集合 
福知山IC➟敦賀➟米原➟新東名御殿場IC から 西丹沢ビジターセンターへ(17時着 車中泊)

ビジターセンターの駐車場の端が空いていた 22時頃になると満車状態 ビジターセンターのトイレは夜中も使用可能
DSCF4081.JPG


25日3時30分起床 4時20分明るくなったのでスタート
DSCF4085.JPG


ツツジ新道登山口
DSCF4087.JPG


ゴーラ沢出合 先日の豪雨の影響なし 難なく渡渉完了
DSCF4091.JPG


新緑
DSCF4096.JPG


DSCF4097.JPG


富士山の出迎え
DSCF4102.JPG


期待のシロヤシオは花付き悪い
DSCF4108.JPG


DSCF4115.JPG



DSCF4119.JPG


バイケイソウ畑
DSCF4124.JPG


7時30分 檜洞丸(1601m)山頂
DSCF4131.JPG


展望
DSCF4133.JPG


南アルプス
DSCF4135.JPG


蛭ヶ岳 丹沢山
DSCF4141.JPG


DSCF4145.JPG


快適尾根
DSCF4150.JPG


DSCF4152.JPG


次は谷底へ
DSCF4154.JPG


上り返し アップダウンの連続
DSCF4156.JPG


臼ヶ岳 (9:45)
DSCF4159.JPG


ベンチの上でブナを見ながら大休憩
DSCF4161.JPG


最後のダウンになるのかなと思ったが甘かった
DSCF4163.JPG


満開
DSCF4169.JPG


DSCF4174.JPG


最後の上り
DSCF4181.JPG


イワザクラ
DSCF4188.JPG


暑さでダウン
DSCF4193.JPG


もうすぐ山頂
DSCF4194.JPG


丹沢山塊最高峰 蛭ヶ岳(1673m) 12時到着
DSCF4199.JPG


傾いた三角点
DSCF4204.JPG


DSCF4202.JPG


山小屋に入るが 時刻が早すぎて部屋に入れず 食堂で乾杯 (一泊と夕食@6000円)

夕日
DSCF4212.JPG


DSCF4221.JPG


土曜日で割り当ては 布団2枚に3人 8時消灯 お疲れ様


ルートマップ

ヤマップはこちら

posted by ユウ at 21:00| Comment(0) | 登山情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月06日

至仏山

2019年5月6日(月)

至仏山 (2228m)

コース
鳩待峠➟小至仏山➟至仏山 (往復)


明日から至仏山の登山道は閉鎖 今日のてんくらは午前中A
道の駅「片品」から鳩待峠へ移動 鳩待峠P(@2500円)

4時55分 出発
DSCF3604.JPG


青空
DSCF3606.JPG


日の出(5:10)
DSCF3607.JPG


DSCF3608.JPG


燧ケ岳 雲行きが怪しくなる
DSCF3609.JPG


至仏山山頂はまだ大丈夫
DSCF3611.JPG


DSCF3613.JPG


昨日登った景鶴山
DSCF3616.JPG


左側の雪山
DSCF3619.JPG


燧と尾瀬ヶ原
DSCF3621.JPG


稜線がガスる 早すぎるヨ!
DSCF3624.JPG


7時 至仏山 山頂到着 展望はガスで0 しばらく待つが晴そうにない 下山
DSCF3630.JPG


小至仏山のトラバースで初めての出合い すれ違い
DSCF3642.JPG


団体さん
DSCF3645.JPG


下界は視界良好
DSCF3648.JPG


思案中のスキーヤー
DSCF3651.JPG


ブナ林を散策
DSCF3654.JPG


DSCF3657.JPG


DSCF3659.JPG


鳩待峠 (9:00)
DSCF3660.JPG


所要時間:4時間

またもやガスで展望は無しの至仏山となった てんくらさんどうなったの!!
明日からのハレマークがもったいないが帰宅する
鳩待峠(9:45)➟関越・北陸・舞鶴道➟自宅(23:00)
走行距離:1445q


今日のルートはこちら

posted by ユウ at 21:00| Comment(0) | 登山情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月05日

300名山<景鶴山>二日目

2019年5月5日(日) 晴

念願の 景鶴山 (2004m)

コース
竜宮小屋➟与作岳➟景鶴山 (往復) ➟ 鳩待峠


3時30分起床 4時30分出発
DSCF3455.JPG


DSCF3458.JPG


少しだけの朝焼け
DSCF3463.JPG


東電橋
DSCF3470.JPG


稜線への取り付き
DSCF3471.JPG


燧の肩から日の出
DSCF3475.JPG


景鶴山
DSCF3478.JPG


順調に高度を稼ぐ
DSCF3480.JPG


DSCF3484.JPG


ズームで
DSCF3489.JPG


DSCF3492.JPG


平ヶ岳
DSCF3497.JPG


景鶴山と至仏山
DSCF3503.JPG


近づいた景鶴山
DSCF3511.JPG


アタック
DSCF3515.JPG


大岩
DSCF3516.JPG


難なく通過 よかった!!
DSCF3518.JPG


ナイフリッジも昨日のトレスに助けられて
DSCF3520.JPG


7時45分 景鶴山山頂到着
DSCF3522.JPG


360°の展望
DSCF3535.JPG


尾瀬ヶ原
DSCF3539.JPG


狭い山頂 長居はできない 下山
DSCF3544.JPG


DSCF3546.JPG


積雪1.5m位かな
DSCF3550.JPG


燧ケ岳
DSCF3557.JPG


尾瀬と至仏山
DSCF3560.JPG


アパラチアントレイル(アパラチア山脈3500qの自然歩道)のインフォ提供のT.Hさんは4時に鳩待峠出発
しばらく談笑するが力強いフットワークだった。
DSCF3564.JPG


最後の下り
DSCF3567.JPG


無事下山
DSCF3569.JPG


1040分 竜宮小屋到着  休憩と荷物の整理
DSCF3573.JPG


雪の尾瀬ヶ原 アレコレ
DSCF3576.JPG


DSCF3580.JPG


DSCF3582.JPG


サラバ景鶴山
DSCF3585.JPG


逆さ景鶴山
DSCF3588.JPG


逆さ燧ケ岳
DSCF3591.JPG


逆さ至仏山
DSCF3594.JPG


尾瀬歩き終盤
DSCF3596.JPG


13時50分 鳩待峠到着
DSCF3599.JPG


所要時間:9時間20分

景鶴山 皆さんと天気に助けられて踏破できた Nさん Hさん ありがとう!!

尾瀬ぷらり館で入浴 道の駅「片品」でささやかな宴会後 解散
私の明日は天気を見て至仏山へ 道の駅「片品」で車中泊



今日のルートはこちら


ラベル:300名山
posted by ユウ at 21:00| Comment(2) | 登山情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月04日

300名山<景鶴山>一日目

2019年5月4日(土) 晴

残雪期で限定期間しか登れない念願の山 300名山 景鶴山 (2004m)

コース
一日目:鳩待峠➟竜宮小屋(泊)
二日目:竜宮小屋➟東電橋➟与作岳➟景鶴山➟与作岳➟東電橋➟竜宮小屋➟鳩待峠


5月3日 9時自宅発 舞鶴道・北陸道・関越道 沼田ICから道の駅「白沢」20時到着
道の駅でNさん Hさん と合流

5月4日
朝食後 戸倉第一P(@1000円/1日)へ移動 シャトルバスで鳩待峠Pへ(@980円)

鳩待峠で皆さんはアイゼン 私はワカンを履いて出発(8:40)
DSCF3386.JPG


DSCF3390.JPG


スノーシューを背負って
DSCF3393.JPG


DSCF3397.JPG


山の鼻(9:55)
DSCF3403.JPG


至仏山
DSCF3406.JPG


ミズバショウ
DSCF3408.JPG


残雪の尾瀬歩き 皆さんはスノーシュー
DSCF3410.JPG


積雪約50p位
DSCF3417.JPG


木道
DSCF3420.JPG


一応道はついているが雪の上ならどこを歩いてもよいみたい
DSCF3428.JPG


景鶴山
DSCF3434.JPG


逆さ至仏山を狙ってみたが
DSCF3440.JPG


こちらは燧ケ岳
DSCF3443.JPG


今夜の宿 竜宮小屋(12:10)
DSCF3444.JPG


受付を済ませて 登山口の確認の探索へ出かける
DSCF3449.JPG


東電橋 これを渡ればヨッピ橋を渡らなくてもよい
DSCF3450.JPG


ここが稜線へ一番楽な箇所とのこと(竜宮小屋で確認してもらう)
DSCF3454.JPG


明日の出発時刻を確認して就寝


三日間のルートマップ

今日のルートはこちら

ラベル:300名山
posted by ユウ at 21:00| Comment(0) | 登山情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月03日

金冠山〜達磨山

2019年2月3日(日) 晴

沼津市内のホテルから 戸田峠に移動

金冠山・達磨山

コース
戸田峠➟金冠山(往復) 戸田峠➟達磨山(往復)➟だるま山高原レストハウス


戸田峠に到着後車内で朝食タイム 空が明るくなるのを待って出発(6:15)
DSCF1034.JPG DSCF1036.JPG


広い登山道  金冠山(816m)山頂 約15分で到着 ご来光を待つ
DSCF1037.JPG DSCF1038.JPG
 

紅富士を期待するが このあと黒雲が掛かってしまった
DSCF1039.JPG


ご来光(6:41)
DSCF1044.JPG DSCF1047.JPG


少しだけの紅富士
DSCF1056.JPG


高原レストハウスで態勢を整えて 戸田峠から達磨山へ出発(7:40)
DSCF1067.JPG DSCF1068.JPG


金冠山と富士山
DSCF1071.JPG


積雪は多い所で5pくらい
DSCF1074.JPG DSCF1075.JPG


小達磨山から達磨山
DSCF1114.JPG DSCF1078.JPG


まだ全体像を見せてくれない
DSCF1079.JPG


気持ちの良い開放的な笹原の登山道
DSCF1083.JPG DSCF1084.JPG


8時40分 達磨山(981m) 約1時間で到着
DSCF1093.JPG DSCF1094.JPG


360°の展望
DSCF1099.JPG


DSCF1100.JPG


DSCF1107.JPG


見飽きない展望
DSCF1108.JPG


富士山を見ながら下山
DSCF1115.JPG


見納め
DSCF1118.JPG


戸田峠(10:00)から だるま山高原レストハウスまで広い芝生の道を下る(約20分)


富士山と南アルプスを見るこんな展望の良い山があったとは知らなかった
天城峠まで続いているこの道 花の時期に歩いてみたいものだ 

修善寺道路・新東名経由で大阪16時30分着 篠山口19時15分 自宅20時30分着


ルートマップ


posted by ユウ at 21:00| Comment(0) | 登山情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月02日

沼津アルプス

2019年2月2日(土) 晴

大阪連との山行(5人)

送られきた計画書のタイトルは "富士山を見ながら歩こう"
 2月2日(土):沼津アルプス
 2月3日(日):金冠山〜達磨山


一日目:沼津アルプス

コース
多比登山口➟大平山➟鷲頭山➟志下山➟徳倉山➟横山➟香貫山➟香陵台慰霊塔P(黒瀬)



自宅を前日15時出発 篠山口駅前に駐車して 電車でアカイマンションへ
2日アカイマンションを3時30分出発  名神の沼津UCから下山口の香陵台慰霊塔Pに行き駐車

名神のSAで
DSCF0908.JPG DSCF0911.JPG


香陵台から歩いて沼津駅へ行き多比行のバスに乗り多比登山口へ (バス@480円)
多比登山口バス停出発(10:50)
DSCF0916.JPG DSCF0917.JPG


沼津アルプスの標識
DSCF0918.JPG DSCF0920.JPG


大平山 (356m)山頂 (11:40)
DSCF0926.JPG DSCF0927.JPG


山頂は展望なし 山頂少し手前のスポットから富士山と
DSCF0931.JPG


南アルプス
DSCF0932.JPG


縦走路
DSCF0934.JPG DSCF0938.JPG


展望スポットから
DSCF0939.JPG


鷲頭山 (392m)山頂  (12:55)
DSCF0942.JPG DSCF0944.JPG


鷲頭山頂から 南アルプス
DSCF0945.JPG


小鷲頭山 (330m)山頂 (13:15)
DSCF0947.JPG DSCF0948.JPG


展望
DSCF0950.JPG


DSCF0951.JPG


アップダウンの連続
DSCF0952.JPG DSCF0953.JPG


中将岩 大きすぎて全体が入らない
DSCF0954.JPG DSCF0958.JPG


奥駿河パノラマ台
DSCF0964.JPG


志下山山頂(13:55) と 展望スポット
DSCF0966.JPG DSCF0967.JPG


富士山と南アルプス
DSCF0973.JPG


富士山をズームで
DSCF0972.JPG


やっと約半分の行程
DSCF0981.JPG


徳倉山 (256m) バックは富士山 (14:50)
DSCF0985.JPG


宝永火口が正面となる
DSCF0990.JPG


横山(183m) 山頂 (15:35)
DSCF0994.JPG DSCF0996.JPG


最後の山 香貫山へ
DSCF0997.JPG DSCF0998.JPG


桜台
DSCF1004.JPG DSCF1006.JPG


日没1時間前
DSCF1007.JPG


香貫山(193m) 山頂 (16:40)
DSCF1009.JPG DSCF1010.JPG


香貫山展望台で日没を待つ
DSCF1013.JPG DSCF1014.JPG


歩いた山を展望台から
DSCF1022.JPG


三富士(一番下は水盤の逆さ富士)
DSCF1016.JPG


紅富士を待つが この程度だった
DSCF1028.JPG


日没(17:15)
DSCF1031.JPG


日没後の赤焼けを待たずに下山 17時30分駐車場に到着
所要時間:6時間40分

低山ながらアップダウンの連続 各ピークの展望は半分以上なかった
途中もほとんど自然林の中で展望なしのため疲れてしまった  

夕食は沼津漁港で海鮮づくし ビジネスホテル泊

明日の山は 金冠山と達磨山 山でご来光を見るために3時40分にホテル出発を確認して就寝


ルートマップ


posted by ユウ at 21:00| Comment(0) | 登山情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする