2020年02月02日

今子浦近畿自然歩道

2020年2月2日(日) 曇

Hさん夫妻を誘って 今子浦の近畿自然歩道 へ

ルート
今子浦P➟大引の鼻展望台➟近畿自然歩道➟柴山港灯台(大山灯台)➟浦上集落の大日堂
➟上計集落の養山城跡➟今子浦国民宿舎➟今子浦P

今子浦P出発(8:30)
DSCF0002.JPG


大引の鼻展望台
DSCF0006.JPG


DSCF0007.JPG


牛さん
DSCF0009.JPG


近畿自然歩道入口
DSCF0011.JPG


いきなり倒木が通せんぼする 作業開始
DSCF0012.JPG


おまけに鹿の通り道でぬかるんだ登山道となっている
DSCF0013.JPG


香住88ヶ所石仏巡り
DSCF0016.JPG


DSCF0017.JPG


景色は抜群に良い
DSCF0018.JPG


DSCF0025.JPG


香住ブルー
DSCF0026.JPG


DSCF0028.JPG


アップダウンが結構ある
DSCF0030.JPG


石仏があると安心する
DSCF0031.JPG


海を背にして
DSCF0036.JPG


DSCF0037.JPG


2時間経過したのに灯台への分岐はまだなのか!
DSCF0041.JPG


やっと分岐 (少し先に尾根からの分岐があった 後で判明した)
DSCF0047.JPG


ロープに伝って恐々トラバース
DSCF0048.JPG


何か変だなと思っていたら尾根からの道と合流した
DSCF0049.JPG


安心して灯台へ
DSCF0051.JPG


柴山港灯台
DSCF0053.JPG



DSCF0057.JPG


濃くならないうちに消えてしまった
DSCF0059.JPG


崩壊地
DSCF0068.JPG


柴山港
DSCF0075.JPG


標識通りに左に行くと細いトラバースの道
DSCF0076.JPG


右の道に沿って下ると大日堂に出てしまった
DSCF0077.JPG


DSCF0082.JPG


ここ大日堂も目的の一つ
DSCF0078.JPG


近畿自然歩道の入口の確認をする
DSCF0087.JPG


浦上集落の六地蔵と石仏
DSCF0089.JPG


上計集落に入り 養山城跡へ
DSCF0094.JPG


養山城跡
DSCF0096.JPG


石仏も確認できた
DSCF0097.JPG


柴山港
DSCF0100.JPG


時刻は13時40分 花見峠の探索は断念 養山城跡から尾根の探索に切り替える
DSCF0107.JPG


ラッキーなことに今子浦のスポーツ施設に出た
DSCF0109.JPG


DSCF0111.JPG


展望園地
DSCF0115.JPG


漁業無線鉄塔
DSCF0120.JPG


ゆうなぎの丘
DSCF0122.JPG


DSCF0124.JPG


急こう配の階段を下る
DSCF0128.JPG


横から見たかえる島
DSCF0131.JPG


DSCF0130.JPG


今子浦Pに到着(15:40)
DSCF0133.JPG


所要時間:7時間10分

今子浦の近畿自然歩道は鹿の通り道でぬかるんだ道 おまけに標識があまりなく道迷いしたヶ所も数ヶ所
GPS/コンパスは必携だった
これが但馬の近畿自然歩道の実態 行政さん何とかしてください!!


ルートマップ

posted by ユウ at 19:18| Comment(0) | 但馬の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月04日

花見峠

2020年2月4日(火) 晴

あまりにも良い天気 散歩は中止して 花見峠探索 へ

コース
八幡神社P➟花見峠➟P125(三等三角点 点名:上計)➟花見峠➟海の文化館➟岡見公園➟今子浦➟柴山港➟八幡神社P

柴山上計集落の八幡神社P(9:10)
DSCF0134.JPG


線路を横切る
DSCF0136.JPG


かって荷車が通った道
DSCF0138.JPG


竹が道を塞ぐ
DSCF0141.JPG


電柱
DSCF0144.JPG


花見峠(9:50)
DSCF0148.JPG


合いたかった石仏と
DSCF0149.JPG


宝篋印塔(高さ3.6m 一番下の基礎は一辺が160p)
DSCF0150.JPG


建立趣旨書(”峠道を交通する庶民の安全と幸せと、豊かな生活と長寿を祈る” という意味とのこと)
DSCF0151.JPG


建立は文政7年(1824年)いまから195年ほど前に建立されたとのこと
DSCF0152.JPG


大事にしたい遺産だ

しばらく休憩してP215へ
DSCF0153.JPG


DSCF0155.JPG


尾根を辿る
DSCF0158.JPG


ログが飛んでしまった 周りを確認して慎重に歩く
DSCF0159.JPG


山頂近くに散らばっていた碍子
DSCF0162.JPG


三等三角点 点名:上計 (10:20)
DSCF0165.JPG


建物跡 テンボの防空監視哨跡とのこと
DSCF0171.JPG


展望は 樹間に香住港
DSCF0168.JPG


久斗山
DSCF0169.JPG


花見峠に帰って来た(11:00)
DSCF0177.JPG


下山 聞き込みによると相当荒れているらしいが
DSCF0178.JPG


DSCF0179.JPG


所々こんな標識があった
DSCF0185.JPG


この辺りが崩壊地か
DSCF0187.JPG


難なく通過して山陰線のトンネル出口に到着(11:30)
DSCF0193.JPG


境集落のバス停
DSCF0194.JPG


まだ時間がたっぷりある 岡見公園の前に「海の文化館」でランチタイム
DSCF0195.JPG


岡見公園の山並み
DSCF0196.JPG


香住88ヶ所石仏巡りの 第一番石仏
DSCF0198.JPG


岡見公園
DSCF0200.JPG


香住ブルー
DSCF0201.JPG


DSCF0202.JPG


DSCF0206.JPG


ここも香住88ヶ所石仏巡りの道
DSCF0204.JPG


DSCF0211.JPG


郷土史跡 二つ石 一日市と境地区の漁場の境
DSCF0212.JPG


海岸道路にも石仏
DSCF0214.JPG


今子浦公園(14:00)
DSCF0216.JPG


柴山港
DSCF0217.JPG


八幡神社P到着(14:40)
DSCF0219.JPG


所要時間:5時間30分

同行のHさんありがとうございました

先日の今子浦近畿自然歩道と今日の花見峠コース コースを選択すれば面白いルートになるだろう
藪の整備が大変だけど実施してみたいナ!!


ルートマップ

posted by ユウ at 17:29| Comment(0) | 但馬の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月07日

久し振りのスノーシュー 蘇武岳

2020年2月7日(金) 晴

Hさんを誘って 蘇武岳スノーシュー登山へ 

ルート
道の駅村岡ファームガーデンから蘇武岳山頂往復

6日は朝から雪で 豊岡市内の夕方の積雪は約20p
7日は快晴の予報 でも早朝の気温はマイナスで路面凍結の予報 
遅めに自宅出発することにして 神鍋道の駅9時合流で了解をもらう

通勤時間帯と路面凍結でノロノロ運転 道の駅に9時前に到着した
時間が可能ならば名色へ縦走する予定で車をデポして

村岡ファームガーデンから登山開始(9:20)
DSCF0001.JPG


蘇武岳登山口
DSCF0003.JPG


一合目
DSCF0006.JPG


雪は思った以上にあった 楽しめそう
DSCF0008.JPG


三合目 林道にはブルの轍があるが、山道を行く
DSCF0011.JPG


ここから見る蘇武岳は格好いい
DSCF0013.JPG


四合目
DSCF0015.JPG


林道をしばらく歩く
DSCF0018.JPG


雪の壁
DSCF0019.JPG


五合目付近の清水ヶ平 小休憩
DSCF0021.JPG


いよいよ本格的な登山に入る 六合目
DSCF0022.JPG


稜線
DSCF0024-1.jpg


雪が一気に増える
DSCF0027.JPG


ラッセルは登山口で一緒になった方
DSCF0031.JPG


いつもの雪の壁もラッセルをしてもらえた
DSCF0032.JPG


おかげで難なく通過
DSCF0035.JPG


馬の背
DSCF0036.JPG


馬の背からの展望
DSCF0040.JPG


振り返って
DSCF0042.JPG


八合目の標識 積雪は1m越えかな
DSCF0044.JPG


展望台が見えてくる
DSCF0051.JPG


展望台
DSCF0052.JPG


DSCF0053.JPG


DSCF0059.JPG


山頂へアタック
DSCF0063.JPG


ノントレス
DSCF0065.JPG


直ぐに追い越される
DSCF0066.JPG


ミニ霧氷
DSCF0069.JPG


青空がきれい
DSCF0072.JPG


偽ピーク
DSCF0075.JPG


山頂標識が見えてきた
DSCF0080.JPG


DSCF0081.JPG


13時30分 蘇武岳到着  4時間10分もかかってしまった
DSCF0085.JPG


隣にも立派な標識
DSCF0088.JPG


展望を楽しみながらランチタイム

DSCF0082.JPG


DSCF0084.JPG


DSCF0093.JPG


DSCF0097.JPG


13時55分下山開始 名色への下山は断念  同じ道を下る
DSCF0110.JPG


DSCF0111.JPG


DSCF0115.JPG


駐車場到着 (16:10)
DSCF0120.JPG


所要時間:6時間50分

一杯汗をかきました ご苦労様でした。


ルートマップ 

posted by ユウ at 20:48| Comment(0) | 但馬の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月11日

氷ノ山

2020年2月11日(火・祝) 曇後晴

氷ノ山の月一登山

コース
福定駐車場➟東尾根登山口➟東尾根避難小屋➟一の谷休憩所➟氷ノ山山頂
ブナ林を徘徊して東尾根を下山

数日前からてんくらとニラメッコ 今朝(11日)のてんくらを見て 氷ノ山に決定 自宅6時35分発
国道9号線は関の宮交差点で渋滞 福定駐車場に7時40分到着  駐車料金@1000円

山頂は黒雲 7時50分出発
DSCF0001.JPG


高丸は真っ白
DSCF0004.JPG


8時20分 逆水ロッジ 登山届を提出
DSCF0006.JPG


東尾根登山口 新しいトレスがある どうやら先行者があるみたい
DSCF0008.JPG


避難小屋まで順調に上る(9:05)
DSCF0010.JPG


難所の岩の壁も木に支えてもらってクリア
DSCF0012.JPG


雪庇
DSCF0017.JPG


9時45分 黒雲と冷たい風 天気予報を疑う
DSCF0021.JPG


一の谷休憩所から冬道にトレスがある
DSCF0025.JPG


10時 ようやく青空が現れるがすぐに消えてしまう
DSCF0028.JPG


一の谷頭の樹林帯
DSCF0038.JPG


霧氷の赤ちゃん
DSCF0042.JPG


DSCF0044.JPG


10時30分になってもまだこんな状態
DSCF0049.JPG


千本杉
DSCF0050.JPG


DSCF0056.JPG


霧氷がきれい
DSCF0064.JPG


DSCF0065.JPG


10時50分青空の時間が長くなる
DSCF0079.JPG


古千本
DSCF0086.JPG


ミニモンスター
DSCF0087.JPG


DSCF0088.JPG


DSCF0090.JPG


DSCF0097.JPG


山頂小屋が見えてきた
DSCF0099.JPG


DSCF0105.JPG


11時15分 氷ノ山山頂
DSCF0115.JPG


山頂標識
DSCF0119.JPG


小屋の中は20人位の人 小屋の中で昼食休憩するが落ち着かない
小屋の外も一杯の人だった(山頂は50人〜60人位)
DSCF0120.JPG


展望 三の丸
DSCF0126.JPG


氷ノ山越えコース
DSCF0127.JPG


11時40分 下山
DSCF0129.JPG


古千本のミニモンスター群
DSCF0130.JPG


DSCF0137.JPG


空の色がすごい
DSCF0143.JPG


霧氷もきれい
DSCF0159.JPG


DSCF0167.JPG


DSCF0169.JPG


ブナ林を徘徊
DSCF0176.JPG


神大ヒュッテ
DSCF0180.JPG


これから上る人
DSCF0183.JPG


DSCF0184.JPG


急斜面を一気に掛け下る
DSCF0187.JPG


一の谷休憩所
DSCF0191.JPG


13時10分 東尾根避難小屋
DSCF0194.JPG


東尾根登山口
DSCF0196.JPG


13時40分 下山報告
DSCF0199.JPG


14時 駐車場到着
DSCF0201.JPG


所要時間:6時間10分

これから数日は天気が悪い予報 決行してよかった てんくらさんありがとう


ルートマップ

posted by ユウ at 20:55| Comment(0) | 但馬の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

氷ノ山の「青空と霧氷」 画像集

2020年2月11日(火)

「青空と霧氷」を集めてみた

DSCF0076.JPG


DSCF0079.JPG


DSCF0080.JPG


DSCF0081.JPG


DSCF0109.JPG


DSCF0110.JPG


DSCF0111.JPG


DSCF0112.JPG


DSCF0134.JPG


DSCF0135.JPG


DSCF0136.JPG


DSCF0138.JPG


DSCF0139.JPG


DSCF0140.JPG


DSCF0141.JPG


DSCF0142.JPG


DSCF0144.JPG


DSCF0146.JPG


DSCF0147.JPG


DSCF0148.JPG


DSCF0149.JPG


DSCF0150.JPG


DSCF0153.JPG

DSCF0154.JPG


DSCF0155.JPG


DSCF0156.JPG


DSCF0157.JPG


DSCF0158.JPG


DSCF0160.JPG


DSCF0161.JPG


DSCF0162.JPG


DSCF0163.JPG


DSCF0164.JPG


DSCF0165.JPG


DSCF0166.JPG


DSCF0168.JPG


DSCF0170.JPG


DSCF0171.JPG


DSCF0172.JPG


DSCF0173.JPG


DSCF0174.JPG


DSCF0175.JPG


DSCF0177.JPG


DSCF0178.JPG


DSCF0179.JPG


どれをアップするのか選ぶのが面倒なので駄作も掲載 ごめんなさいネ!!


posted by ユウ at 23:00| Comment(0) | 但馬の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月12日

戸牧いこいの森

2020年2月12日(水) AM 晴

朝の散歩の途中 Hさんと出合う 同行させてもらう

文教府から尾根を伝って戸牧いこいの森遊歩道へ
2020021209343601.jpg


2020021209522201.jpg


2020021209524801.jpg


2020021209584201.jpg


工事現場を上から
2020021210310501.jpg


2020021210355701.jpg


2020021210524701.jpg


2020021211135601.jpg


2020021211130101.jpg


歩数計:20770歩 おもわぬ運動ができた
posted by ユウ at 15:07| Comment(0) | 但馬の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月15日

とちのき村から鉢伏山

2020年2月15日(土) 曇 下山後に晴

鉢伏山

コース
とちのき村➟鉢伏山➟高丸➟小代越➟八反滝➟とちのき村

Hさんと日高支所で合流 小代新屋地区のとちのき村から出発(8:05)
DSCF0002.JPG


この標識で初めて気が付いた ここを「きりがね親林公園」というみたい
DSCF0124.JPG


健脚コースを上る
DSCF0003.JPG


今年は雪が少なくなんとなく夏道が判った
DSCF0006.JPG


DSCF0007.JPG


鎖も所々露出していた
DSCF0009.JPG


ブナ林
DSCF0017.JPG


東屋で休憩
DSCF0022.JPG


高丸と氷ノ山
DSCF0023.JPG


ブッシュ漕ぎの途中から氷ノ山
DSCF0026.JPG


鉢伏山への登山道に出る
DSCF0028.JPG


今日はこの風景を狙っていたのに青空でなく残念
DSCF0030.JPG


ハチ高原のスキーヤー まるで蟻の行列
DSCF0032.JPG


鉢伏山へ
DSCF0034.JPG


鉢伏山山頂
DSCF0038.JPG


山頂のスキーヤー
DSCF0040.JPG


次は高丸へ
DSCF0046.JPG


鉢伏山への登山者
DSCF0047.JPG


ちょっと失礼して
DSCF0048.JPG


高丸から青空と真っ白の氷ノ山を狙っていたが
DSCF0053.JPG


小代越
DSCF0055.JPG


この尾根を下山
DSCF0059.JPG


高丸と鉢伏山
DSCF0060.JPG


尾根には雪の無い所もあった
DSCF0063.JPG


林道合流
DSCF0068.JPG


登山口の標識
DSCF0070.JPG


もう一つの標識
DSCF0071.JPG


遠くから見えていたこの幻の滝を探索をすることに
DSCF0067.JPG


近くへ行くと滝の下部しか見えず でも滝のありかが判った
DSCF0077.JPG


谷を下山
DSCF0079.JPG


13時40分 やっと青空
DSCF0080.JPG


森の彫刻
DSCF0081.JPG


仏ノ尾 青ヶ丸
DSCF0082.JPG


巨木
DSCF0089.JPG


岩壁
DSCF0096.JPG


美方高原自然の家
DSCF0100.JPG


八反の滝
DSCF0104.JPG


DSCF0106.JPG


駐車場到着 14時50分
DSCF0127.JPG


所要時間:6時間45分

最初の激斜には難儀するが雪遊びには面白い場所だ


ルートマップ

posted by ユウ at 20:26| Comment(0) | 但馬の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月19日

瀞川山

2020年2月19日(水)

晴の予報 おまけに早朝の道路の凍結は無し  急遽支度して 瀞川山 へ

コース
木の殿堂P➟十石山➟瀞川山 (往復)

木の殿堂Pから出発(9:20)
DSCF0001.JPG


DSCF0002.JPG


ショートカットの激斜コースを上る 
DSCF0003.JPG


夏道合流
DSCF0008.JPG


DSCF0011.JPG


十石山
DSCF0012.JPG


DSCF0013.JPG


ノントレスの縦走路
DSCF0014.JPG


DSCF0018.JPG


カラマツ林
DSCF0020.JPG


DSCF0025.JPG


DSCF0026.JPG


林道合流
DSCF0029.JPG


DSCF0030.JPG


振り返って
DSCF0033.JPG


DSCF0036.JPG


DSCF0041.JPG


氷ノ山
DSCF0042.JPG


瀞川山
DSCF0043.JPG


DSCF0044.JPG


DSCF0048.JPG


点線の下山尾根の探索をするが崖にぶつかり失敗
DSCF0056.JPG


時間がないので断念上り返して同じ道を下山
DSCF0057.JPG


DSCF0059.JPG


姫路から来られた方
DSCF0061.JPG


十石山
DSCF0063.JPG


夏道には一杯トレスがついていた 蘇武岳
DSCF0067.JPG


DSCF0068.JPG


15時 木の殿堂P到着
DSCF0070.JPG


所要時間:5時間40分

準備を一寸惜しんだらこの始末だったが 雪遊びを一日楽しんだ


ルートマップ


posted by ユウ at 20:22| Comment(0) | 但馬の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月21日

古城山・釜床山を周回

2020年2月21日(金) 晴

気になるルート 古城山から釜床山

コース
生野観光センター駐車場➟びわの丸公園➟古城山➟大盛山➟釜床山➟ムスビ山➟内山寺➟生野の街並み➟トロッコ道
➟生野観光センター駐車場

生野観光センター駐車場(8:10)
DSCF0001.JPG


びわの丸公園
DSCF0003.JPG


DSCF0004.JPG


古城山への登山口 ここから山道
DSCF0005.JPG


古城山
DSCF0009.JPG


鉱口跡
DSCF0011.JPG


曲輪
DSCF0014.JPG


展望
DSCF0016.JPG


曲輪がよく判る
DSCF0021.JPG


主郭 古城山山頂
DSCF0022.JPG


山頂からの展望
DSCF0024.JPG


縦走開始 ここからは初めての道
DSCF0025.JPG


DSCF0027.JPG


砕石場跡
DSCF0029.JPG


DSCF0030.JPG


なるべく左側を通りここまでくれば安全
DSCF0031.JPG


何が見えるのか
DSCF0033.JPG


大盛山への分岐  アンテナの残骸がある
DSCF0035.JPG


DSCF0036.JPG


大盛山山頂 
DSCF0037.JPG


展望はあまりよくない
DSCF0039.JPG


分岐まで戻って縦走開始
DSCF0041.JPG


ナント素晴らしい遊歩道
DSCF0042.JPG


DSCF0043.JPG


DSCF0044.JPG


遊歩道から外れて以前歩いた石仏の道に合流
DSCF0048.JPG


釜床山へ 火の用心の道を辿る
DSCF0049.JPG


展望所
DSCF0050.JPG


DSCF0051.JPG


樹々の間から釜床山が見える
DSCF0053.JPG


釜床山山頂
DSCF0057.JPG


展望はなし
DSCF0060.JPG


もう少し先で 石仏の道と合流
DSCF0062.JPG


少し辿ってみるが崩壊が激しく尾根に這い登る
DSCF0064.JPG


やっと石仏に出合えた
DSCF0069.JPG


道標と
DSCF0068.JPG


石仏
DSCF0067.JPG


ここがムスビ山というらしい(11:20)
DSCF0071.JPG


岩屋観音が見える
DSCF0073.JPG


今日はここまで ランチ休憩
DSCF0074.JPG


道標まで戻り 石仏の道を歩く
DSCF0077.JPG


DSCF0084.JPG


谷になると荒れてくる
DSCF0086.JPG


こんな所にも石仏
DSCF0088.JPG


石仏に出合うと安心できる
DSCF0091.JPG


DSCF0098.JPG


そのまま石仏の道を下る
DSCF0102.JPG


一部道が崩壊していたが内山寺跡に到着
DSCF0113.JPG


内山寺跡
DSCF0117.JPG


庭園跡
DSCF0120.JPG


宝篋印塔
DSCF0125.JPG


井戸跡
DSCF0132.JPG


DSCF0134.JPG


熊野神社の鳥居と石段跡
DSCF0140.JPG


参道
DSCF0144.JPG


ここから 古城山への道があるみたい (遊歩道へ通ずるのかナ!!)
DSCF0149.JPG


降り口の天神坂
DSCF0153.JPG


天満宮
DSCF0155.JPG


石段
DSCF0157.JPG



銀(カナ)ブラ
DSCF0159.JPG


市川
DSCF0160.JPG


河川公園
DSCF0161.JPG


亀石
DSCF0165.JPG


会所
DSCF0183.JPG


トロッコ道
DSCF0187.JPG


DSCF0190.JPG


DSCF0192.JPG


DSCF0194.JPG


駐車場到着(14:35)
DSCF0197.JPG


所要時間:6時間25分

山ちゃんに教えてもらった岩屋観音への縦走路 完全ではないけどやっと歩くことができた


ルートマップ

posted by ユウ at 20:41| Comment(0) | 但馬の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月23日

金香瀬山 周回

2020年2月23日(日) 曇 一時 小雪

生野の 金香瀬山 へ

コース
生野銀山駐車場➟小野登山口➟金香瀬山山頂➟金香瀬山登山口➟生野銀山駐車場

周回コースの挑戦と9月例会の下見の下見の下見 を兼ねて Tさんと 金香瀬山 へ
自宅7時発 生野観光Pでカーナビをセット 生野銀山まで3.3q

鉱山電車
DSCF0001.JPG


生野銀山駐車場で登山準備して出発(7:40)
DSCF0002.JPG


小野登山口から山道に入る(秋にはマッタケ山になるのか入口に紐で通せんぼしてあった)
DSCF0005.JPG


まるで庭園
DSCF0008.JPG


鹿柵を開けて山道を行こうとしたが三重のネットに阻まれる 尾根に上り返す
DSCF0013.JPG


このコースで面白かった所
DSCF0014.JPG


もろい岩 手をかけると崩れる箇所があった
DSCF0015.JPG


ルートファインディングが必要
DSCF0016.JPG


枯れ木もあるので 慎重に!!
DSCF0018.JPG


地図の方向からすると金香瀬山みたい
DSCF0022.JPG


山頂近くの激斜が待っている
DSCF0027.JPG


金香瀬山山頂(10:05)
DSCF0030.JPG


山頂は植林帯 展望は全くなし
DSCF0031.JPG


今日のメンバー
DSCF0034.JPG


小雪が舞ってきた 休憩せずに登山道を下山
DSCF0036.JPG


DSCF0038.JPG


案内表示とピンテが導いてくれる
DSCF0040.JPG


DSCF0041.JPG


坑口
DSCF0044.JPG


登山道が崩れていたが岩を巻けば大丈夫
DSCF0049.JPG


登山口に到着
DSCF0050.JPG


坑口を見ながら
DSCF0052.JPG


DSCF0053.JPG


DSCF0054.JPG


DSCF0055.JPG


DSCF0057.JPG


DSCF0058.JPG


DSCF0059.JPG


DSCF0060.JPG


DSCF0061.JPG


駐車場に到着(11:30)
DSCF0065.JPG


所要時間:3時間50分

早く終わってしまった あとは銀(カナ)ブラ

トロッコ道
DSCF0066.JPG


観光トロッコ道
DSCF0189.JPG


「志村 喬」 記念館
DSCF0067.JPG


DSCF0072.JPG


一里塚
DSCF0077.JPG




ルートマップ

posted by ユウ at 17:34| Comment(0) | 但馬の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月28日

スノーシュー遊び 瀞川山

2020年2月28日(金) 晴れ後曇り

山仲間6人で 瀞川山

コース
木の殿堂P→十石山→瀞川山→はちまき展望台→兎和野高原→森の工作館→木の殿堂展望台→木の殿堂P

日高支所 7時合流 木の殿堂Pから出発(7:50)
DSCF0002.JPG


雪無し 
DSCF0004.JPG


スノーシューはリュックに括り付ける
DSCF0006.JPG


ノントレスの新雪で約10pに増えてきた スノーシューを着ける
DSCF0008.JPG


気持ちの良い青空
DSCF0009.JPG


DSCF0019.JPG


十石山山頂
DSCF0020.JPG


瀞川山への縦走決定
DSCF0021.JPG


落葉松林
DSCF0022.JPG


ここもノントレス
DSCF0026.JPG


芦生杉
DSCF0028.JPG


大幹林道
DSCF0029.JPG


瀞川山
DSCF0030.JPG


10時15分 到着
DSCF0034.JPG


昼食には早いが 天気が崩れそうなので早ランチタイム
DSCF0038.JPG


展望
DSCF0039.JPG


DSCF0040.JPG


11時下山
DSCF0044.JPG


ここから兎和野高原への山道へ
DSCF0045.JPG


雪が少ないので夏道を辿る
DSCF0048.JPG


障害物
DSCF0052.JPG


ブナ
DSCF0056.JPG


ここもノントレス
DSCF0058.JPG


雪が少なくなる
DSCF0060.JPG


地面が見えだした スノーシューを外す
DSCF0064.JPG


はちまき展望台(12:40)
DSCF0065.JPG


兎和野高原近道
DSCF0071.JPG


兎和野高原散策路
DSCF0076.JPG


森の工作館
DSCF0080.JPG


木の殿堂展望台
DSCF0082.JPG


但馬妙見
DSCF0084.JPG


蘇武岳
DSCF0085.JPG


木の殿堂
DSCF0089.JPG


スノーシューのレンタル500円 だけど時間が合わないナ!
DSCF0090.JPG


木の殿堂Pに到着(14:30)
DSCF0091.JPG


所要時間:6時間40分

雪が少なかったけど充分楽しめた 山仲間の皆さんありがとう



ルートマップ

posted by ユウ at 00:00| Comment(0) | 但馬の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月29日

香住の寺

2020年2月29日(土) 曇

所用で香住と竹野へ

新築状況
DSCF0001.JPG


DSCF0002.JPG


DSCF0003.JPG


ただ今乾燥中かな? 余り変わってなかった

早春の花を求めて轟の蓮華寺へ
88ヶ所石仏を 半分回った所で時間切れ 何も見ずに終わった

posted by ユウ at 20:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする