2018年09月01日

200名山<ペテガリ岳>一日目

2018年9月1日(土) 曇後晴

200名山<ペテガリ岳(1736m)>

コース
神威山荘下ペテガリ岳登山口➟小峠➟ペテガリ山荘 (泊)


簡易沢靴を履いて 5時20分出発 登山靴はリュックの上
DSCF6622.JPG DSCF6623.JPG


いきなり渡渉 水はひざ下位
DSCF6624.JPG DSCF6625.JPG


DSCF6627.JPG DSCF6626.JPG


DSCF6628.JPG DSCF6630.JPG


DSCF6633.JPG



DSCF6635.JPG DSCF6636.JPG


DSCF6642.JPG DSCF6644.JPG



DSCF6645.JPG DSCF6646.JPG


DSCF6649.JPG DSCF6652.JPG


青空
DSCF6653.JPG DSCF6654.JPG


DSCF6655.JPG DSCF6656.JPG


最後の渡渉
DSCF6657.JPG


DSCF6658.JPG


林道歩き
DSCF6659.JPG DSCF6660.JPG


ペテガリ山荘到着(9:10)
DSCF6661.JPG DSCF6663.JPG


きれいな山荘 荷物の整理・昼寝で時間を過ごす
DSCF6664.JPG


川西池田のYさんの釣果 晩餐に相伴しました  ご馳走さまでした
DSCF6665.JPG


所要時間:3時間50分



ルートマップ

ラベル:200名山
posted by ユウ at 20:00| Comment(0) | 登山情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月02日

200名山<ペテガリ岳>二日目

2018年9月2日(日) 晴一時曇

ペテガリ岳(1736m) 二日目

コース
ペテガリ山荘➟西尾根コース➟ペテガリ岳山頂


登山ボックス 4時5分出発
DSCF6666.JPG DSCF6667.JPG


朝の光
DSCF6669.JPG


ペテガリ岳っぽいけど
DSCF6673.JPG


誰かの水のデポ
DSCF6681.JPG DSCF6682.JPG


西尾根
DSCF6683.JPG


笹に埋もれた登山道
DSCF6685.JPG DSCF6686.JPG


笹をかき分けて進む
DSCF6687.JPG DSCF6688.JPG


情報交換
DSCF6694.JPG DSCF6697.JPG


カムエクか??
DSCF6704.JPG


神威岳かな??
DSCF6708.JPG


ペテガリ岳
DSCF6709.JPG


まだまだ遠いペテガリ岳
DSCF6723.JPG


DSCF6727.JPG


テント場
DSCF6728.JPG DSCF6729.JPG


きれいな樹林帯
DSCF6731.JPG


偽ピーク
DSCF6735.JPG


DSCF6736.JPG


DSCF6741.JPG


これも偽ピーク
DSCF6746.JPG


やっと山頂標識が見えた
DSCF6750.JPG


ペテガリ岳(1736m)山頂到着 (10:30)
DSCF6752.JPG DSCF6753.JPG


ガスが中々とれない
DSCF6754.JPG


DSCF6762.JPG


長居はできない 下山
DSCF6765.JPG


DSCF6768.JPG


DSCF6776.JPG


落とし穴にはまって脚に異変を感じる 軽い捻挫か
DSCF6791.JPG DSCF6792.JPG


ようやくペテガリ山荘到着(16:25)
DSCF6805.JPG DSCF6807.JPG


山荘で夕食と明日の下山準備をして就寝 でもなかなか寝付かれない マーいいか!!

所要時間:12時間20分



ルートマップ


ラベル:200名山
posted by ユウ at 20:00| Comment(0) | 登山情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月03日

200名山<ペテガリ岳>三日目

2018年9月3日(月) 曇

ペテガリ岳 三日目

コース
ペテガリ山荘➟小峠➟神威山荘下ペテガリ岳登山口


さらばペテガリ山荘 (5:30) 私は最初から簡易沢靴 同行者は登山靴 川西池田のYさんは登山靴
DSCF6808.JPG DSCF6810.JPG


林道歩き
DSCF6811.JPG DSCF6814.JPG


遠くの山が神威岳かな??
DSCF6815.JPG


約50分で渡渉地点に到着 水は少なくなっている同行者はそのまま登山靴 Yさんは本格沢靴に履き替え 私はそのまま簡易沢靴
DSCF6819.JPG DSCF6822.JPG


急登箇所もあまり滑らない  難なく小峠に到着
DSCF6823.JPG DSCF6824.JPG


唯一の滝を横から
DSCF6829.JPG


最後の渡渉点 登山靴での渡渉は無理 同行者は靴を脱いで渡渉
DSCF6833.JPG


9時30分 山荘下ペテガリ岳登山口Pに到着  左は私が履いた簡易沢靴
DSCF6834.JPG DSCF6835.JPG


所要時間:4時間

途中で会った登山者に台風発生のことを知らされる 
ネットで調べると台風は沖縄付近にいて日本海を北上するとのこと
本日の乗船日に変更してもらう  道の駅「みついし」併設入浴施設 昆布温泉「蔵三」で入浴(@440円)
苫小牧市内で買い物をして苫小牧港には16時に着いてしまった  

出航は23時30分
EPSON001.JPG


台風21号の影響で 敦賀に22時到着 朝来に5日1時 自宅2時到着

神威岳・ペテガリ岳踏破で第一関門突破  300名山完全踏破まで後三座
果たしてこんなヨタバタ脚で挑戦できるのか・・・・

利用した沢靴 右は神威岳 左がペテガリ岳
DSCF6855.JPG



ルートマップ

posted by ユウ at 23:00| Comment(4) | 登山情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月07日

名前入り瓦納め

2018年9月7日(金) 曇

棟上げ式が10月23日に行われる まだ早いと思ったが瓦を納めに行った
DSCF6839.JPG


現在進行中
DSCF6842.JPG



本堂は基礎工事中
DSCF6841.JPG


DSCF6843.JPG


DSCF6838.JPG


DSCF6847.JPG



弾けた綿の実
DSCF6849.JPG

posted by ユウ at 15:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月16日

木曽駒ヶ岳:一日目

2018年9月16日(日) 曇 時々晴

気になる100名山 ロープウェイを利用しない 木曽駒ヶ岳

コース
16日:桂木場登山口➟大樽避難小屋➟西駒山荘➟将棋頭山➟遭難記念碑➟濃ヶ池➟木曽駒ヶ岳➟木曽小屋(泊)
17日:木曽小屋➟中岳➟宝剣山荘➟伊那前岳➟北御所林道➟北御所登山口


大阪連からのお誘い 紅葉を楽しもう 木曽駒ヶ岳

前日15時自宅発 21時30分駒ヶ岳SA着泊
16日早朝に大阪連と合流後に 菅の台バスセンターに車を一台デポ 

桂木場登山口から登山開始(6:05)
DSCF6856.JPG DSCF6857.JPG


落葉松林
DSCF6864.JPG DSCF6866.JPG
 

馬返し 白川分岐
DSCF6867.JPG DSCF6869.JPG


きれいな森
DSCF6876.JPG


歩きやすい道
DSCF6878.JPG


花畑
DSCF6885.JPG DSCF6884.JPG


岩が御神体の津嶋神社
DSCF6891.JPG


ヒカリゴケ
DSCF6893.JPG


胸付からの稜線は紅葉の始まり
DSCF6904.JPG DSCF6905.JPG


DSCF6910-1.jpg


DSCF6911.JPG


DSCF6914.JPG


DSCF6919.JPG


DSCF6924.JPG


DSCF6927.JPG


西駒山荘 と 大正4年に建設された石室
DSCF6929.JPG DSCF6932.JPG


将棋頭山
DSCF6938.JPG DSCF6941.JPG


ナナカマド
DSCF6946.JPG


やっと出合うことのできた 遭難記念碑
DSCF6957.JPG


DSCF6961.JPG


山頂はガスの中
DSCF6965.JPG


DSCF6969.JPG


もう少しガスがとれれば
DSCF6971.JPG


分岐から濃ヶ池を往復
DSCF6973.JPG DSCF6974.JPG


見事な紅葉
DSCF6979.JPG


草紅葉
DSCF6990.JPG


濃ヶ池
DSCF7013.JPG


DSCF7010.JPG


稜線から濃ヶ池
DSCF7022.JPG


馬の背はガスの中
DSCF7025.JPG DSCF7031.JPG


木曽駒ヶ岳山頂
DSCF7034.JPG DSCF7037.JPG


今夜の宿 木曽小屋に到着(15:25)
DSCF7038.JPG DSCF7039.JPG


食堂の一角を借りて自炊
DSCF7040.JPG DSCF7043.JPG


今夜は20人ほど
DSCF7044.JPG


前日は終日雨 明日は終日霧と強風とのこと 
明日のコースは檜尾尾根から伊那前コースに変更
まだ不安を抱える私の脚 どうか完歩できますように

所要時間:9時間20分



ルートマップ

posted by ユウ at 21:00| Comment(0) | 信州の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月17日

木曽駒ヶ岳:二日目

2018年9月17日(月) 強風とガス

木曽駒ヶ岳 二日目

コース
木曽小屋➟中岳➟宝剣山荘➟伊那前岳➟北御所林道➟北御所登山口


3時30分に起床 
今朝のメニューはパン・チーズ・ポテトサラダ
DSCF7045.JPG


明るくなるのを待って出発(5:35)
DSCF7046.JPG DSCF7047.JPG


中岳
DSCF7048.JPG DSCF7049.JPG


宝剣山荘 宝剣岳はパス
DSCF7051.JPG DSCF7052.JPG


浄土乗越から伊那前岳へ
DSCF7055.JPG DSCF7058.JPG


勒銘石
DSCF7060.JPG DSCF7062.JPG


伊那前岳山頂
DSCF7063.JPG DSCF7064.JPG


一瞬の紅葉
DSCF7071.JPG


DSCF7072.JPG


DSCF7073.JPG DSCF7074.JPG


DSCF7076.JPG


きれいな尾根
DSCF7077.JPG


DSCF7080.JPG


樹林帯
DSCF7081.JPG


DSCF7082.JPG


六合目 一丁ヶ池
DSCF7086.JPG DSCF7087.JPG


五合目 うどんや峠
DSCF7089.JPG DSCF7090.JPG


トリカブト 落葉松の松ぼっくり
DSCF7092.JPG DSCF7094.JPG


蛇腹沢登山口
DSCF7095.JPG DSCF7096.JPG


林道歩き
DSCF7097.JPG DSCF7098.JPG


DSCF7099.JPG DSCF7100.JPG


皆さんと少し遅れて 北御所登山口バス停に到着(11:45)
DSCF7103.JPG DSCF7102.JPG


所要時間:6時間5分

昼食は駐車場の近くでソースかつ丼(@1450) 桂木場登山口で解散
「聖職の碑」の舞台となった遭難記念碑 早くも始まっていた紅葉 紅葉の濃ヶ池
遠望はできなかったけど 初秋の秋山を楽しむことができた いろいろお世話になりました 


ルートマップ


posted by ユウ at 22:00| Comment(2) | 信州の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月19日

9月月例会<八木城跡と土城登山>

20018年9月19日(水) 晴

9月例会 八木城と土城登山 に参加

コース
道の駅「ようか但馬蔵」➟高照寺➟殿屋敷跡➟八木城➟土城 (往復)


道の駅「ようか但馬蔵」 8時集合
高柳地区自治協議会がまとめた 高柳地区お宝マップを参考に神社やお寺を巡る
DSCF7105.JPG DSCF7107.JPG


高照寺さんの境内で休憩 お茶・お菓子の接待を受ける
DSCF7116.JPG DSCF7113.JPG


花のお寺で いまは萩が楽しめる
DSCF7114.JPG


DSCF7110.JPG


道すがらあちこちで
DSCF7117.JPG


殿屋敷跡の発掘状況の勉強
DSCF7119.JPG


DSCF7125.JPG


八木城へ
DSCF7131.JPG DSCF7136.JPG


DSCF7142.JPG


天守台から氷ノ山
DSCF7147.JPG


DSCF7144.JPG


くの字に曲がったきれいな石垣
DSCF7148.JPG


土城への馬の背 土城到着  今日の参加人数は50名  
DSCF7150.JPG DSCF7153.JPG


ランチタイム後下山
DSCF7155.JPG DSCF7159.JPG


出発地の道の駅「ようか但馬蔵」に戻って解散
所要時間:6時間

少し汗ばむ程度 秋晴れの清々しいハイキングとなった


posted by ユウ at 19:51| Comment(0) | 但馬の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月23日

氷ノ山

2018年9月23日(日) 曇

大段ヶ平から 氷ノ山

コース
大段ヶ平P➟大幹林道➟殿下コース登山口➟三ノ丸➟氷ノ山山頂➟みたらしの池(往復)➟神大ヒュッテ
➟大段ヶ平コース➟大段ヶ平P


横行集落から大段ヶ平Pへ (鵜縄への林道は通行止め) 7時30分出発
DSCF7167.JPG DSCF7168.JPG


林道のブナ
DSCF7169.JPG


こんなに青空だったのに
DSCF7170.JPG


殿下コース登山口
DSCF7171.JPG DSCF7172.JPG


殿下コース
DSCF7174.JPG


巨樹
DSCF7173.JPG DSCF7175.JPG


DSCF7177.JPG


紅葉
DSCF7179.JPG


分岐
DSCF7178.JPG DSCF7181.JPG


三ノ丸
DSCF7183.JPG DSCF7184.JPG


稜線から氷ノ山山頂
DSCF7191.JPG


DSCF7204.JPG


DSCF7206.JPG


DSCF7207.JPG


氷ノ山山頂
DSCF7211.JPG DSCF7212.JPG


みたらしの池入口
DSCF7224.JPG DSCF7215.JPG


再会!! みたらしの池
DSCF7222.JPG


DSCF7217.JPG


神大ヒュッテ 大屋町避難小屋
DSCF7227.JPG DSCF7236.JPG


大段ヶ平コース
DSCF7238.JPG


DSCF7242.JPG


DSCF7243.JPG


DSCF7245.JPG


DSCF7247.JPG


DSCF7250.JPG


14時10分 大段ヶ平駐車場に到着
DSCF7255.JPG DSCF7259.JPG


所要時間:6時間40分

これで昨年10月からの月一回氷ノ山登山が完了 我が脚にご苦労様


posted by ユウ at 21:26| Comment(0) | 但馬の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月25日

聖職の碑

2018年9月25日(火) 曇

昭和51年頃に購入した 新田次郎の「聖職の碑」を改めて読んでみた
DSCF7261.JPG


DSCF7264-1.jpg



きっかけは先日木曽駒ヶ岳の聖職コースを歩いたこと  

ロープウェイが設置されるまではこのコースがメインルートで
ヒカリゴケ、胸突き八丁、将棋頭、濃ヶ池、遭難記念碑などの
位置を頭に浮かべながら読むとよく理解できた

遭難記念碑
DSCF6958.JPG





posted by ユウ at 12:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月26日

登山道探索<瀞川山>

2018年9月26日(水) 曇

気になる破線の道の探索  瀞川山

コース
兎和野センター➟はちまき展望台➟林道合流➟瀞川山山頂➟南尾根➟舗装路➟但馬高原植物園
➟木の殿堂➟展望台➟森の工作館➟兎和野センター


兎和野センター出発(10:05)
DSCF7267.JPG DSCF7268.JPG


はちまき展望台
DSCF7272.JPG DSCF7273.JPG


展望
DSCF7274.JPG


DSCF7278.JPG


山道
DSCF7280.JPG DSCF7281.JPG


DSCF7282.JPG DSCF7283.JPG


ブナ林
DSCF7287.JPG


DSCF7288.JPG


林道合流
DSCF7289.JPG DSCF7290.JPG


12時15分 瀞川山山頂
DSCF7295-1.jpg


棚田
DSCF7296.JPG


GPSを見ながら登山道探索
DSCF7303.JPG


DSCF7304.JPG


山頂から約1時間で舗装道路に到着
DSCF7307.JPG DSCF7309.JPG


但馬高原植物園 木の殿堂入口
DSCF7313.JPG DSCF7317.JPG


木の殿堂
DSCF7319.JPG DSCF7320.JPG


展望台
DSCF7322.JPG


森の工作館  兎和野センター(15:05)
DSCF7324.JPG DSCF7328.JPG


DSCF7269.JPG


DSCF7270.JPG


DSCF7311.JPG


DSCF7312.JPG


DSCF7323.JPG


DSCF7326.JPG


所要時間:5時間
探索路は歩きやすい道だった



ルートマップ

posted by ユウ at 18:09| Comment(0) | 但馬の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月28日

城山 ニ連寺の森ウオーク

2018年9月28日(金) 曇後晴

城山 ニ連寺の森 周回

コース
おじろスキー場P➟林道出合➟ニ連寺の森散策コース➟ニ連寺山(922m)➟890峰➟東屋➟谷山(961m)
➟林道➟おじろスキー場P


城山 ニ連寺の森は平成22年に整備されたことが書いてある
DSCF7331-1.JPG


おじろスキー場P(9:35)
DSCF7330.JPG DSCF7332.JPG


谷山かな??
DSCF7334.JPG


シンボルツリー 根元には湧き水があった
DSCF7335.JPG


ススキ
DSCF7340.JPG


DSCF7341.JPG


散策コース入口
DSCF7347.JPG DSCF7348.JPG


散策道
DSCF7352.JPG DSCF7353.JPG



ウメバチソウ
DSCF7359.JPG


DSCF7360.JPG


二連寺山(922m)山頂  ピーク923は藪の中で展望なしだった
DSCF7364.JPG DSCF7365.JPG


P890を目指して
DSCF7375.JPG


P890峰
DSCF7379.JPG


少し先まで探索
DSCF7381.JPG


DSCF7382.JPG


東屋
DSCF7389.JPG


DSCF7391.JPG


ブナと大岩
DSCF7398.JPG


谷山(三等三角点 点名:谷山 961m)
DSCF7402.JPG DSCF7403.JPG


南西尾根を探索  谷山の先のブナ林
DSCF7407.JPG


DSCF7409.JPG


少し整備すれば歩きやすい尾根になるだろう
DSCF7411.JPG DSCF7412.JPG


地道の林道に出合う
DSCF7414.JPG DSCF7417.JPG


舗装林道に出合って
DSCF7420.JPG DSCF7421.JPG


おじろスキー場へ
DSCF7426.JPG


駐車場に到着(14:20)
DSCF7428.JPG DSCF7439.JPG


気付かないアナグマ
DSCF7431.JPG


DSCF7437.JPG



所要時間:4時間45分 

初級コースでも可能かな??


ルートマップ

posted by ユウ at 19:57| Comment(0) | 但馬の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする