2017年05月28日

新緑の<蘇武岳>

2017年5月28日(日) 晴

今日も良い天気 蘇武岳

コース
万場駐車場➟大杉山登山口➟大杉山➟四ツ山越え➟名色分岐➟蘇武岳山頂➟林道➟カキツバタ群生地
➟万場スキー場➟リフトトップからゲレンデを下山➟万場駐車場

7時35分 出発
DSCF1961.JPG DSCF1962.JPG


中の滝
DSCF1966.JPG


新緑
DSCF1969.JPG DSCF1971.JPG


ブナ・ブナ・ブナ
DSCF1972.JPG


DSCF1982.JPG


DSCF1987.JPG


DSCF2001.JPG


登山道はブナの道
DSCF2010.JPG


大杉山のシンボル 大杉
DSCF2013.JPG


大杉山 山頂(9:20)
DSCF2016.JPG DSCF2018.JPG


四ツ山・三ツ山
DSCF2021.JPG DSCF2023.JPG


二ツ山・一ツ山
DSCF2032.JPG DSCF2041.JPG


名色分岐からいつもの道
DSCF2045.JPG DSCF2047.JPG


蘇武岳 山頂(10;35)
DSCF2054.JPG DSCF2056.JPG


氷ノ山
DSCF2060.JPG


扇の山
DSCF2061.JPG


林道を歩いて カキツバタ群生地
DSCF2069.JPG DSCF2071.JPG


万場スキー場ゲレンデ
DSCF2079.JPG


14時15分 駐車地点に到着
所要時間:6時間40分

このコースはゲレンデを除けば ずっとブナがみられる道  紅葉時にも訪れたい


ルートマップ


posted by ユウ at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 但馬の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月23日

300名山<七ヶ岳>

2017年5月23日(火) 晴

七ヶ岳 (1636m)  NANATUGADAKE

コース
会津高原たかつえ➟七ヶ岳登山口➟七ヶ岳山頂 (往復)
 のつもりが周回となった

スキーセンタースペーシアに駐車
GPSを立ち上げるがポイントが違う場所になる(原因はパソコン操作を誤ったらしい)
地図上の現在地が判らないまま登山開始(5:30)
DSCF1865.JPG DSCF1867.JPG


ゲレンデの案内はあるが山の標識はでてこない
DSCF1869.JPG DSCF1870.JPG


尾根に出て周回が可能かと上ってみたが藪が濃くなるばかり ゲレンデに戻る
DSCF1876.JPG DSCF1878.JPG


正規ルート
DSCF1882.JPG DSCF1884.JPG


七ヶ岳登山口
DSCF1885.JPG DSCF1887.JPG


七ヶ岳を見ながら尾根歩き
DSCF1889.JPG DSCF1890.JPG


今日も青空
DSCF1900.JPG DSCF1902.JPG


七ヶ岳 (1636m)山頂  (8:00)
DSCF1905.JPG DSCF1906.JPG


ラッキー 古い一等三角点に出合えた
DSCF1912.JPG


展望を楽しみたいが霞んでいる
DSCF1911.JPG


DSCF1914.JPG


下山 アンテナを回り込んでゲレンデトップへ
DSCF1940.JPG DSCF1941.JPG


雪の山
DSCF1943.JPG


ゲレンデを下山して 10時20分 スペーシアに到着
DSCF1947.JPG DSCF1950.JPG


出合った花たち
DSCF1886.JPG


DSCF1895.JPG


DSCF1898.JPG


DSCF1918.JPG


DSCF1935.JPG


DSCF1930.JPG


所要時間:4時間50分

災害でこのコースだけ登ることができたが やはり単調なコースだった

白樺の湯(@500円)に入浴
帰路はR289・R252 六十里越で長岡ICから北陸・舞鶴道  
途中で仮眠しながら 福知山ICで降りて自宅到着は24日3時30分
走行距離:1920km

24日の所用で 会津地方の山が2座(二岐山・大滝根山)残ってしまった 
またの機会を作って挑戦したい!!!


ルートマップ
タグ:300名山
posted by ユウ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月22日

300名山<男鹿岳>

2017年5月22日(月) 晴

男鹿岳 (1777m) OZIKADAKE

コース
栗生沢釜沢橋駐車スペース➟オーガ沢橋➟おがざわ橋➟大川峠➟栗石山➟男鹿岳 (往復)


会津田島付近からR369で栗生沢に入り釜沢橋駐車スペースに駐車 5時40分出発
DSCF1798.JPG DSCF1799.JPG


長い林道歩き オーガ沢橋 おがざわ橋
DSCF1803.JPG DSCF1805.JPG


イチリンソウ
DSCF1804.JPG


7時50分 やっと大川峠に到着 尾根に取りつく
DSCF1806.JPG DSCF1807.JPG


踏み跡程度の道 笹に隠れているのでかき分けながら進む
DSCF1812.JPG DSCF1813.JPG


残雪があったり、無かったり 残雪の無い所は笹が濃く方向を定めて中に入る
DSCF1816.JPG DSCF1818.JPG


山頂近くになると残雪が多くなってきた
DSCF1820.JPG DSCF1822.JPG


9時50分 男鹿岳 (1777m)山頂
DSCF1830.JPG DSCF1832.JPG


展望を求めてもう少し先まで行ってみた 大佐飛かな??
DSCF1827.JPG


山頂に戻って大休憩
DSCF1842.JPG


下山はリボンを探しながら慎重に 上るときに気づかなかった 栗石山 (1701m) の標識
DSCF1845.JPG DSCF1846.JPG


大川峠(12:00) 釜沢橋(14:30)
DSCF1851.JPG DSCF1862.JPG


林道歩きの途中で ヤブレガサ
DSCF1855.JPG DSCF1854.JPG


脅かせてしまって 私も驚いた カモシカに遭遇
DSCF1856.JPG


DSCF1859.JPG


所要時間:8時間50分

なんの特徴もない山だった  これが300名山??

田島のスーパーで食料を調達して 夢の湯(@500円)で入浴
明日の山は七ヶ岳  今夜の宿はまたもや 道の駅「番屋」 
関東の方に誘われて晩さん会を一緒 いろいろな山の話を聞きました。

ルートマップ

タグ:300名山
posted by ユウ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月21日

300名山<荒海山>

2017年5月21日(日) 晴

荒海山 (1581m)

コース
戸坪沢チェーン脱着場➟尾根分岐➟荒海山山頂(往復)


戸坪沢チェーン脱着場 4時50分出発 入山禁止とあるが・・・・ しばらく進むと国民の森の看板
DSCF1668.JPG DSCF1670.JPG


渡渉は2回 2回目の渡渉後に尾根に取りつく 下は花の終わったイワウチワ 上はシャクナゲ
DSCF1671.JPG DSCF1672.JPG


残っていたイワウチワ
DSCF1677.JPG DSCF1678.JPG


こんな尾根道 一部藪があるがリボンテープが案内してくれる
DSCF1682.JPG DSCF1684.JPG


DSCF1685.JPG


DSCF1689.JPG DSCF1690.JPG


尾根分岐で正規ルートと合流 整備された登山道
DSCF1692.JPG DSCF1693.JPG


一杯のイワウチワで デジカメ状態
DSCF1700.JPG


DSCF1702.JPG


美肌美人の二人姉妹
DSCF1714.JPG


こちらは三人姉妹
DSCF1715.JPG


三人官女と五人官女
DSCF1722.JPG


イワウチワ街道は山頂付近まで続いていた
DSCF1723.JPG


DSCF1726.JPG


7時50分 荒海山 (南峰)山頂
DSCF1740.JPG


三角点のある 荒海山 北峰へは笹薮を漕いで
DSCF1741.JPG


三角点
DSCF1742.JPG DSCF1745.JPG


南峰に戻って展望を楽しむ  貸し切りの荒海山
DSCF1749.JPG


DSCF1750.JPG


DSCF1770.JPG


DSCF1754.JPG


DSCF1773.JPG


同じ道を下山  11時5分駐車場に到着
DSCF1778.JPG DSCF1779.JPG


所要時間:6時間15分
さすが荒海山 久しぶりに良い山だった

入浴もまだ早い 駒止湿原・宮床湿原は通行止め 高清水自然公園を散策する
DSCF1782.JPG DSCF1784.JPG


DSCF1788.JPG


DSCF1790.JPG


DSCF1791.JPG


夢の湯(ネット割引@400円)で入浴  道の駅「番屋」で泊


ルートマップ
タグ:300名山
posted by ユウ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月20日

300名山<高原山>

2017年5月20日(土) 晴

高原山 (最高峰:釈迦ヶ岳 1795m)

コース
小間々駐車場➟大入道➟剣ヶ峰➟分岐➟釈迦ヶ岳➟分岐➟八海山神社➟大間々P➟小間々駐車場/span>


道の駅「那須与一の郷」から 山の駅「たかはら」へ向かう
小間々駐車から登山開始(5:50)
DSCF1524.JPG DSCF1526.JPG


DSCF1528.JPG DSCF1530.JPG


この青空 絶好の登山日和
DSCF1535.JPG


大入道(6:50)
DSCF1539.JPG DSCF1540.JPG


剣ヶ峰への道
DSCF1543.JPG DSCF1551.JPG


折角この時期を狙ったのに シロヤシオは裏年 蕾もつけていない
DSCF1552.JPG


躑躅街道は剣ヶ峰付近まで続いていた
DSCF1556.JPG


DSCF1561.JPG


剣ヶ峰
DSCF1564.JPG


アカヤシオと釈迦ヶ岳
DSCF1576.JPG


アップで
DSCF1579.JPG


トレラントリオ
DSCF1592.JPG


9時10分 釈迦ヶ岳 山頂
DSCF1597.JPG DSCF1598.JPG


DSCF1599.JPG DSCF1601.JPG


大展望
DSCF1604.JPG


越後駒はまだ真っ白
DSCF1602.JPG


燧・至仏方向
DSCF1614.JPG


下山 ミネザクラとアカヤシオ
DSCF1617.JPG DSCF1619.JPG


大人気の山 多くの人に出会う
DSCF1624.JPG DSCF1628.JPG


八海山神社(P1539)
DSCF1629.JPG DSCF1630.JPG


釈迦ヶ岳と後ろに鶏頂山
DSCF1639.JPG


ミツモチ分岐と鳥居
DSCF1640.JPG DSCF1642.JPG


大間々駐車場から遊歩道へ
DSCF1647.JPG DSCF1650.JPG


レンゲツツジの群落
DSCF1653.JPG


DSCF1654.JPG


12時40分 小間々駐車場に到着
DSCF1659.JPG DSCF1662.JPG


所要時間:6時間50分

山の駅「たかはら」 学校平遊歩道のツツジ
DSCF1663.JPG DSCF1665.JPG


DSCF1666.JPG DSCF1667.JPG


シロヤシオはウラドシ 時期も早かった  シロヤシオ一杯の尾根を歩きたいナ!! 

箱の森プレイパークの遊湯センターで入浴(65才以上割引@200円)

明日の山は 荒海山 登山口近くの南会津町へ  道の駅「番屋」泊
近くのコンビニに買い出しに行って 東屋で夕食


ルートマップ

タグ:300名山
posted by ユウ at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

300名山<八溝山>

2017年5月19日(土) 晴

八溝山 (1022m) YAMIZOSAN   
栃木・福島・茨木 三県堺の山で名水が湧く関東の名山とある

コース
八溝登山口➟日輪寺参道口➟八溝山山頂➟日輪寺➟日輪寺参道口➟八溝登山口


週一の用事があって長期間の遠征日が取れない 
天気も安定しているので思い切って300名山へ

前日午前中の用事を済ませて13時自宅発 舞鶴・北陸・磐越 磐越SA(0時着)で泊
東北白河ICから294号・461号経由 八溝登山口へ 8時10分出発
DSCF1444.JPG DSCF1446.JPG


鳥居の横に標石 鳥居をくぐって祠
DSCF1448.JPG DSCF1449.JPG


しばらく車道を歩いて ここから旧登山道
DSCF1450.JPG DSCF1453.JPG


車道に出てまた登山道へ
DSCF1455.JPG DSCF1457.JPG


日輪寺参道駐車地から湧き水巡りの道
DSCF1460.JPG DSCF1462.JPG


湧水群 (金性水・鉄水・龍毛水・白毛水・銀性水・・・・・)
DSCF1473.JPG DSCF1478.JPG


DSCF1484.JPG DSCF1491.JPG


バードウオッチング
DSCF1494.JPG DSCF1493.JPG


八溝山 (1022m)山頂 10時着
DSCF1496.JPG DSCF1497.JPG


DSCF1500.JPG DSCF1504.JPG


展望台から
DSCF1507.JPG


寒気が入っているのか肌寒くて視界も良くない
DSCF1510.JPG


日輪寺へ
DSCF1512.JPG DSCF1515.JPG


日輪寺
DSCF1517.JPG DSCF1518.JPG


12時10分 登山口に到着
DSCF1522.JPG DSCF1523.JPG


花はわずかだけ
DSCF1506.JPG DSCF1513.JPG


所要時間:4時間

食料の買い物と入浴(五峰の湯:@500円)
明日の山は高原山 道の駅「那須与一の郷」で泊


ルートマップ

タグ:300名山
posted by ユウ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

四国のクマちゃん(二日目)

2017年5月15日(日) 晴

休暇村の楽しみは 朝の遊歩道散策
DSCF1258.JPG


DSCF1238.JPG DSCF1239.JPG


四等三角点から
DSCF1240.JPG DSCF1242.JPG


朝焼けの石鎚山のつもり
DSCF1244.JPG


展望台
DSCF1248.JPG DSCF1249.JPG


砂浜
DSCF1265.JPG


遊歩道
DSCF1271.JPG DSCF1272.JPG


大岩大明神
DSCF1273.JPG


一周約1時間


皿ヶ峰 (1278m)登山

コース
愛媛県東温市上林森林公園P➟(反時計周り)皿ヶ峰山頂➟竜神平➟上林森林公園P


上林森林公園駐車場出発(9:50)
DSCF1282.JPG DSCF1283.JPG


風穴を見て
DSCF1284.JPG DSCF1287.JPG


DSCF1288.JPG DSCF1290.JPG


直ぐに色々な花が咲く登山道となる  一輪草とヤマブキソウ
DSCF1292.JPG DSCF1294.JPG


デジカメ状態
DSCF1297.JPG


ヤマシャク
DSCF1307.JPG


三人姉妹
DSCF1309.JPG


コンロンソウ
DSCF1311.JPG


地元の方に同行をお願いした
DSCF1315.JPG DSCF1317.JPG


見たかったシコクカッコソウ
DSCF1318.JPG


DSCF1321.JPG


咲き始めのクマちゃん
DSCF1332.JPG


DSCF1337.JPG


DSCF1339.JPG


ルイヨウボタン
DSCF1344.JPG


コイワカガミ
DSCF1351.JPG


三角点を過ぎて
DSCF1359.JPG DSCF1360.JPG


皿ヶ峰 (1278m)山頂
DSCF1364.JPG DSCF1366.JPG


シンボルツリーの山梨
DSCF1362.JPG


地元と方とお別れして竜神平へ
DSCF1372.JPG DSCF1374.JPG


竜神平
DSCF1378.JPG DSCF1379.JPG


新緑の登山道
DSCF1385.JPG DSCF1386.JPG


再びシコクカッコソウ
DSCF1396.JPG


DSCF1390.JPG


こんな所にも
DSCF1402.JPG


DSCF1403.JPG


お花畑に帰ってきた
DSCF1407.JPG DSCF1408.JPG


再びクマちゃん
DSCF1411.JPG


再びヤマブキソウ
DSCF1415.JPG


ツチアケビかな??
DSCF1421.JPG DSCF1423.JPG


最後はシャクナゲ
DSCF1430.JPG DSCF1432.JPG


DSCF1436.JPG DSCF1437.JPG


駐車場到着(13:30)

所要時間:3時間40分
歩きやすい道、花一杯の山 大満足の山行となった ご親切な松山の方に感謝!大感謝です!!

予定していた久万高原は中止して帰路に着く 松山・瀬戸中央・山陽・播但で自宅到着は19時30分

皿ヶ峰の ルートマップ(イメージ)


posted by ユウ at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国・四国の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月14日

四国のクマちゃん(一日目)

2017年5月14日(土) 晴

四国旅行の行程
14日(土):かずら橋山草園のクマガイソウ 祖谷のかずら橋 
       新居浜市別子山森林公園「ゆらぎの森」    休暇村瀬戸内東予泊
15日(日):上林森林公園➟皿ヶ嶺登山 (東温市上林)


14日3時30分自宅発 
道の駅「大歩危」で休憩 遊歩道を探すが無いみたい
DSCF1148.JPG


かずら橋山草園へ 入園料:@500円
DSCF1194.JPG DSCF1151.JPG


見ごろのクマガイソウ 2000〜3000株とか
DSCF1181.JPG


DSCF1188.JPG


DSCF1158.JPG


DSCF1176.JPG


蕾から順に
DSCF1159.JPG


DSCF1164.JPG


DSCF1160.JPG


DSCF1162.JPG


満開をアップで
DSCF1157.JPG


祖谷のかずら橋(@550円)
DSCF1197.JPG DSCF1199.JPG


一方通行
DSCF1207.JPG


DSCF1208.JPG


琵琶の滝
DSCF1216.JPG


新居浜市森林公園「ゆらぎの森」
シンボルツリーの藤棚のパーゴラ 藤の花は全然咲いてなかった
DSCF1227.JPG


来るのが遅かったヨ! クマちゃん
DSCF1231.JPG


休暇村瀬戸内東予 泊

posted by ユウ at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国・四国の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月13日

城崎から旧鋳物師戻峠を歩く

2015年5月13日(土) 雨後曇り

山仲間4人で 旧鋳物師戻峠 へ

コース
豊岡駅から電車で城崎駅➟峠入口➟旧鋳物師戻峠➟両界院➟竹野北前館


天気予報は雨後曇 歩き始めの予定時刻は10時30分 雨量レーダーとニラメッコして 決行することに

城崎駅出発(10:30)
DSCF1115.JPG DSCF1116.JPG


旧道入口(11:40) 小雨がまだしつこく降っている  合羽を着用
DSCF1117.JPG DSCF1118.JPG


入口の橋は滑りそう
DSCF1119.JPG DSCF1121.JPG


旧鋳物師戻峠(11:50) 石仏が迎えてくれる
DSCF1124.JPG DSCF1125.JPG


但馬おたから100選の 奇岩
DSCF1126.JPG


岩の近くで
DSCF1128.JPG


東屋で遅めのランチタイム
DSCF1130.JPG DSCF1131.JPG


このコース唯一の展望所  愛宕神社の展望台で
DSCF1135.JPG


あそこが私んち(宅)!!
DSCF1133.JPG


両界院着(15:00)
DSCF1145.JPG


シライトソウ
DSCF1137.JPG


DSCF1144.JPG


「これが私の散歩道」を紹介してもらって北前館へ
DSCF1147.JPG


北前館で温泉に入って 夜の宴会に参加

城崎駅から両界院までの所要時間は4時間30分

熊も驚くにぎやかな山行でした

posted by ユウ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 但馬の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月11日

扇の山

2017年5月11日(木) 晴後曇り

天気が良さそう  ブナの新緑と残雪を求めて 扇の山 へ

コース
ショーブ池付近P➟小ズッコ避難小屋➟大ズッコ➟扇の山山頂➟大ズッコ➟小ズッコ避難小屋➟
子ズッコ登山口➟ショウーブ池付近P


上山高原から上の林道はまだ除雪してなかった  それとも除雪しないのか
ショーブ池付近に駐車して出発(9:40)
DSCF1023.JPG DSCF1025.JPG


尾根に取りつく
DSCF1026.JPG DSCF1027.JPG


踏み後はついている 藪の薄い箇所を選んで 約30分で避難小屋に到着
手入れを行えば十分夏道として使えそう
DSCF1028.JPG DSCF1029.JPG


ここからが大変 落とし穴 ネ曲がり竹のワナに捕まりながら
DSCF1030.JPG DSCF1031.JPG


予想以上に雪が少ないブナの林
DSCF1032.JPG DSCF1035.JPG


残雪とブナの新緑
DSCF1040.JPG


DSCF1042.JPG


DSCF1047.JPG


マンサク
DSCF1056.JPG


芽吹いたばかりのブナ
DSCF1063.JPG


展望台  鳥取方向は霞んでいる
DSCF10.JPG


青空が逃げてしまった
DSCF1078.JPG


歓迎アーチ
DSCF1079.JPG



扇の山山頂(11:40)
DSCF1081.JPG DSCF1083.JPG


ブナ林を探索しながら下山
DSCF1096.JPG


DSCF1097.JPG


DSCF1098.JPG


林道にも雪がたっぷりと残っていた
DSCF1108.JPG


DSCF1112.JPG


DSCF1110.JPG


14時 駐車地点に到着
所要時間:4時間20分
これから機会あるごとに新尾根を歩こうっと  
それにしてもあれだけ雪があったのに 雪解けって速いな!!


ルートマップ

posted by ユウ at 19:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 但馬の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする